しぐれゆうぐれ

上高地、松本なお。

001-LR-ZA319636-強化-Edit-4-
002-LR-ZA319483-Edit-4-.jpg
003-LR-ZA309188-Edit-4-.jpg

やっぱり昨日の引用は重複していました。トホホ。気をとりなおして別の引用を。

Realtokyoというサイトのinterviewという連載第38回にいしいしんじという小説家がとりあげられていました。
きょうの写真ほどではありませんが、2011年5月の古い記事です。

4歳のときに処女作を書いたとか、大学受験で「画材の不正利用」で「失格」となったとか、勤務先のデザイン事務所社長から「君は絵描きになったら野垂れ死にする」と言われなどなど、面白い人のようです。
京都芸大に落ちた理由を語っているくだりを引用します。

 本当は画家になろうと思っていました。だから、京都芸大を受けたんです。あそこの大学の結果発表は面白くて、合格者と不合格者が両方とも発表されるんですよ。それでその発表を見に行ったんですが、どちらにも名前がない。・・・
 びっくりして事務所に行ったら、指導教官なる人がいて「君の作品は認められない」って言うんです。試験の課題は、シルクロードのポスターを細長い紙に描くというもので、5時間くらいで描くんですが、試験中、他の人の作業を見てもいい。30分くらい他の人を見てたんですが、だいたいみんな同じように、イスラム寺院や砂漠やラクダを描いてるんですね。そこで、なんか違うことせなあかんと思って、その細長い紙を切ってシルクロードの本を作りました。
 ページによってはコマ割りをして、それぞれに絵を描いたんですよ。それが認められんと言うんで「何でですか」と聞いたら、「君は紙の表裏を使ってる。絵はこっち側だけに描かなあかん」。ほんまですよ。画材を2倍使ってるから、あかんっていうことです。


 嬰兒(ベビー)大學開放の日の蝉しぐれしぐれしぐれて夕暮となる   (塚本邦雄:魔王)

コメント

非公開コメント