わつとばかり

川はこわいけどなんとなく気になります。

LR-MK346203-Edit-1.jpg
nokton 60mm 0.95

LR-MK346285-Edit-1.jpg
dg elmarit 200mm 2.8
きのう引用した伊吹和子「川端康成 瞳の伝説」にこんな一節もありました。

三島(三島由紀夫)氏は、
『何言ってるのよ。その些細なことが大事なんだよ。その細部が、小説を支えているんだよ。さっきの対談でも言ったでしょう、あれは、そういうとこのことなんだよ。あすこは生かして原稿作ってくれなきゃだめだよ』

と言われた。「あすこ」というのは、対談の終りに、文学批評について三島氏が、小説の質は細部で保たれているのだから、批評の際にも、ディテールを無視してはならない、と発言しておられる部分を指している。「月報」では、

『……だからそういうものの無視の上に成り立った批評は、いかに純文学を論理で擁護しても、擁護したことにはならないと思うんです。細部というもので楽しむ批評が出てこなければ、純文学擁護の批評にはならない。問題は細部なんだから』
と、三島氏が言われ、それを川端先生が、
『細部に意味をつけるんです』
と受けておられる。


やっぱり細部だなぁ。写真も同じだろうなぁ。でも細かいところに気がつかないのは海馬の縮小が進行しているに違いないなぁ。

 わつとばかり曼珠沙華 われ一人だに殺せぬ論敵をあはれまむ   (塚本邦雄:魔王)

コメント

非公開コメント