ただ事になっていく日々

きょうは一身田のサルスベリですが、何枚もシャッターを切ったのに結局つまらない写真を撮ってしまいました。
そこで、わたしの幻視でお茶をにごします。

カメラがよくなって光線引きなどという失敗は今時ないのですが、老化した頭はまぼろしを見るのです。

01LR-PF165827-Edit-3.jpg
olympus pen-f ibelux 40mm

お寺で撮ったのに不真面目だと、罰があたらないように、ノーマルな写真も一枚。
わたしは小心者です。(笑)

02LR-DP2Q1979-Edit-3.jpg
sigma dp2q

むかしカラースライドを現像に出すときはいつも、「ストリップ」でお願いしていました。
紅顔の美少年(?)だったわたしは「ストリップ」という言葉にいつも恥ずかしい思いをしていました。(汗)

ストリップはスライド枠に入れずに長尺のままという意味ですが、いつも既定枚数以上を撮ってフィルム代をケチっていたせいで、フィルムの端っこに光線引きしたコマがありました。
もう半世紀も前の話です。

 白壽、百壽もただごととなり百日紅(さるすべり)しらじらと門前に散り果つ  (塚本邦雄)

コメント

Re: おはようございます^^

べり~*さん、こんばんは。いつもありがとうございます。
唯我独尊の自己満足ばかり繰り返していて恥ずかしいです。わたしも一度にアップする写真を選んで少数精鋭でいくことに憧れているのですが、精鋭が見つからないので苦労しています。(笑)

おはようございます^^

光線引と言う言葉さえ知りませんでしたが
1枚目がとても、とても好きです♪
デジタルでこのような絵を表現したい!…無理ですね^^;
非公開コメント