不可解な世も末

今月初めのころの滋賀県の信楽朝宮の「重箱の隅っこ」写真でお茶をにごします。(汗)
茶畑の脇に五輪塔(?)が立っていましたが謂れはわかりません。人影もなくて尋ねることができませんでした。

塚本邦雄は1947年5月の雑誌に発表された歌で、
 サッカリンを綠茶に入れて飮まさるる不可解な世も末の日のくれ

サッカリンが使用禁止になったのは私が高校生の頃だったように思います。
有機化学教室の教授が、「サッカリンよりさとうが悪い」と言ってました。

01LR-PF282590-Edit-2.jpg
olympus pen-f zuiko 60mm macro

02LR-PF282633-Edit-2.jpg
olympus pen-f lensbaby 5.8mm

03LR-PF282604-Edit-2.jpg
olympus pen-f zuiko 60mm macro

コメント

Re: No title

yajitakaさん、ありがとうございます。山里に不釣り合いというと失礼ですが、あまり見かけない風景でしたので、つい何枚も撮ってしまいました。

No title

はじめまして。

この石塔は、宝篋印塔(ほうきょいんとう)と言います。四隅の反りが時代を経るごとに段々と反っていきますが、当初は直立していました。
非公開コメント