木々の新芽に沁みゆく

東近江市君ヶ畑をひと休みして、白鹿背山東光寺の写真で。
東光寺は紅葉の名所だそうですが、この季節は新緑が美しいにもかかわらず閑散としていました。

WEB版新纂浄土宗大辞典には次のように紹介されています。
 滋賀県東近江市平尾町。白鹿背山巨徳院。滋賀教区№二八。当寺縁起については二説あり、一説には推古天皇一五年(六〇七)聖徳太子がこの地を訪れた際、自刻の薬師如来像を安置し道場を建立し、以後、源信によって天台宗寺院として再興されたと伝える。また一説には貞観一五年(八七三)奈良薬師寺の僧、行賀が廃寺小倉山高野寺の別院として建立後、荒廃するも康暦二年(一三八〇)薬師寺の僧、智蓮により復興されたと伝える。永禄一一年(一五六八)戦禍を被って灰燼に帰すが、慶長年間(一五九六—一六一五)に、深誉円知によって浄土宗寺院として再興された。正徳三年(一七一三)・文化六年(一八〇九)・慶応四年(一八六八)と三度の大火に罹るも復興され、近隣に多数の末寺を擁し、知恩院門の中本山格に位した。

 粥煮ます母に寄り添ひ見る雨は木々の新芽に沁みゆきにけり  (塚本邦雄)

01LR6-P4196260-1.jpg
PEN-F 135mm

02LR6-P4196326-1.jpg
PEN-F 135mm

03LR6-P4196274-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

04LR6-DP0Q1869-1.jpg
DP0Q

LR6-DP2Q3040-Edit-1.jpg
DP2Q

コメント

非公開コメント