及かず紅葉 ~杠葉尾(ゆずりお)

きのういただいた泉鏡花の評論をまとめた本をせっせと読んでいる、というよりたどたどしく読んでいます。
鏡花そのものをほとんど読んでなくて、「天守物語」ぐらいです。まずはその原点からたどるのでちっとも前進しません。
とはいえ、いただいた本の評論文の文体がキラキラとして文字をたどるだけでも楽しい。

塚本邦雄
 鏡店すぎゆくわれを滅裂にうつし鏡の墓光(て)りかへる
 秋風の心をうつす鏡石この清ら石まだ戀知らず
 天才には遂にし及かず紅葉をきらきらと泥の上(へ)に撒きちらす

東近江市ゆずり尾。
02LR6-PB102348-1.jpg
HELIOS 85mm

01LR6-PB102315-1.jpg
HELIOS 85mm

03LR6-PB102336-1.jpg
HELIOS 85mm

コメント

非公開コメント