五十年で世捨人

色に悩んでついついモノクロでごまかしてしまうのですが、悩んで失敗中の写真も自分では捨てがたいのです。

秋篠寺で。

01LR6-DP2Q0214-3.jpg
DP2Q

LR6-DP2Q0216-1.jpg
DP2Q

秋篠寺の「伎芸天」が美人だと何かで読んでわくわくしながら行ったのは高校3年の夏休みでした。
その仏像は端正でしたが、期待していた「美女」ではなく、口ひげをたくわえていました。

今回久しぶりにまじまじと拝観すると、男装の麗人のように見えました。タカラヅカのスターのように。
美人という表現は間違っていなかったと感じました。

LR6-akishino015-1.jpg


50年前来た時の記憶には無かったコケの緑の美しさに今回気付かされました。

何が世捨人苔色の春服着て (塚本邦雄)

コメント

非公開コメント