かすかなる毒

pithecantroupusは変人でへそ曲がりでアマノジャクですが、アブノーマルではありませんよ。
証明するために、きょうはヒガンバナを真面目に。

01LR-PF285034-Edit-2.jpg
olympus pen-f 50mm

あっ、これでは花が分かりませんね。
ちゃんと、ヒガンバナを撮りに行ったことが分かる写真を一枚。

02LR-PF284950-Edit-2.jpg
olympus pen-f 60mm macro 二重露出

『なぜ、植物図鑑か』(中平卓馬)の冒頭に、本を書く契機になった中平への批評(吉川知生「中平卓馬に向けて」『美術手帖』一九七二年八-九月合併号、投書欄)が引用されています。その引用文の一節、

 ・・・今、あなた(中平)は自らの思考の基点に反して、自らの写真に毒された意味づけを、毒された言葉によって成そうとしている。何かが喪われていくときに感ずる哀愁に似た感慨は、微妙に美しくもあるが、何とも悲しいことに違いあるまい。(後略)

と書いてあるのですが、「自らの写真の基点に反して、自らの思考に毒された意味づけを、毒された言葉によって成そうとして」と言ったほうが当たっているように感じます。他山の石です。


 秋風のかすかなる毒くちびるにあり今日一日歌はずにすまば   (塚本邦雄:不變律)

ごぼごぼ

毎度のことながら、きれいなヒガンバナを撮っている人の横で花に尻を向けて、『何撮ってるの』写真を撮りました。
ええ、pithecantroupusは変人ですよ。「ふつう」は嫌いなんです。困ったもんです。

01LR-PF285057-Edit-2-2.jpg
olympus pen-f 50mm
02LR-PF285075-Edit-2.jpg
olympus pen-f 50mm

放置されたビニールハウスに雑草が茂っていました。(素材メーカーの名前も写っているのがご愛嬌です。)
二枚目を水族館を連想しながら撮っていて、中で泳ぐ、人でない自分を想像していました。

 死ののちも明日は鮮(あたら)し ごぼごぼと熱帯水族館(アカリウム)の水替はる   (塚本邦雄:日本人靈歌)

黄泉

きのうの動画は、グーグルドライブに入れたのですが、「WEBで公開」という設定ができなくて、「10年前の写真です」といリンクをつけました。いつの間にかグーグルドライブのメニュー画面が変わって困っています。
「いま、会いにゆきます」のサウンドを借りました。

きょう、友人とお昼ご飯を食べに出かけた「寄り道」写真で。
白いヒガンバナの列が、ここが黄泉比良坂(よもつひらさか)と幻想を抱かせました。

LR-PF284993-Edit-2.jpg
olympus pen-f 4mm

 店曝しオレンジジュース陽に透きて世紀末用黄泉のみづ   (塚本邦雄:風雅黙示録)

いまあい

先日、鹿せんべい依存症なる記事を書きましたが、鹿せんべいは「おやつ」なんだそうで、紛らわしいことを書いてしまいました。
シャッポを脱いで反省します。

LR-EB027984-Edit-1.jpg

フェイクまがいの記事を書いてしまったわけですが、きょうは朝から竹内結子死去のニュースに一瞬フェイクかと思いました。
NHKのサイトだったのに疑ってしまいました。
ちょっと好きな女優さんだったのに。



10年前の写真です
ファイルの共有がうまく設定できなかったので、リンクをつけました。

なにありや秋

ヒガンバナ、かな。
ネコジャラシは好きですよ。

ちょっと種類がちがいますが、
ネコジャラシ→エノコログサ→狗尾草→狗→犬→イヌタデということで、
 遺すべきなにありや秋のほそり陽に犬蓼の穂のいよよ紅かれ   (塚本邦雄:薄明母音)

LR-M5215074-Edit-3-1.jpg
olympus e-m5mk3 60mm
02LR-PF214849-Edit-3-1.jpg
olympus pen-f 300mm

コロナ禍での差別のニュースが散見されますが、どうすればなくなってくれるだろうと思っています。
千葉雅也立命館大教授の対談から引用します。

 人間は何らかの集団的アイデンティティと無縁では生きられません。そして、アイデンティティは必然的に排他的です。排他的であることを完全に避けようとしても無理です。だとしたら排他性の程度をできるだけ低くするしかない。
 悪口を言い合ったり、陰口たたいたり、適当に愛想笑いしたりして、人はやってきたんですね。それを全部きれいに整序するというのは土台無茶です。誰もがどこかしらで排他的であることを極端化しないですませるにはどうしたらいいか、そう思っているんです。
人間ひとりひとりが、反省する存在として他者と向き合う必要がある。反省しつつ上手くやっていく必要がある。(『「差別はいけない」とみんな言うけれど。』刊行記念対談)

まみどりの

きょうは枚数で勝負ですから、質は問わないことに。(笑)

01LR-PF214835-Edit-1.jpg

02LR-PF214752-Edit-2-1.jpg

03LR-PF214889-Edit-1.jpg


自粛警察という言葉がきらいです。

pithecantroupusは、警察に強い反感を持った親に育てられ、全共闘の後塵をあびながら青春時代を過ごしましたが、「警察」という言葉に、権力とともに正義や中立性を感じています。
プラスイメージとはいかなくとも、マイナスでないイメージです。
そんな警察という単語をあの非難すべき行為、間違った行為に使ってほしくないのです。
自粛アホとか自粛馬鹿では阿呆や馬鹿者に失礼かなあ。

 走馬燈父がゑがくはまみどりの闇女童(めわらは)が警官を追う   (塚本邦雄:花劇)

依存症

彼岸花なお、です。白い花はちょっと幻想的な印象でした。

LR-M5215086-Edit-3-1.jpg
olympus e-m5mk3 17mm

ちょっと花が小さすぎるのですが。クリの実が気になって。

02LR-M5215102-Edit-1.jpg
olympus e-m5mk3 60mm

ネットのニュースで、奈良公園のシカが、コロナ禍で観光客が減り、鹿せんべいをもらえずやせ細っているという記事を見ました。
多くは山へ草を食べに行っているが、一部のシカは『鹿せんべい依存症』になっていて、食べるものがなくなってきているというのです。

ガリガリのシカの写真を見ると、どうも年寄りのシカみたいでした。
やっぱり、非常時に老人はダメージが大きいのだ!
世の中の空気が殺すのです。pithecantroupusも死ぬかも。
でも体重は増えている。(笑)

 朝酌(あさくみ)・秋鹿(あいか)・美談(みたみ)・楯縫(たてぬひ)、出雲にて水飮めば新珠のあぢはひ   (塚本邦雄:汨羅變)

へば

蜘蛛の巣を友人は「へんばり」と言います。
三重県の方言のようですが、なぜかpithecantroupusは馴染めない言葉です。
「へ」というのがいけません。言葉を聞いただけで、身を引いてしまう。(笑)

ピンボケはおおめに見ることにして。

LR-PF214884-Edit-4-1.jpg
olympus pen-f 300mm

「へんばり」の歌はないので、「へば」で、
 老いてはじめてうつくしき父秋風の吹きぬくる雪隠におもへば   (塚本邦雄:詩歌變)



きのうはデジタル庁について反語的な書き方になって、あたかも新しいリーダーを支持しているような書き方になってしまいました。
彼の人は記者会見でいつも、自分の勤めている会社(内閣)の社長(総理)を、「お言葉」など敬語で表現していました。信用できるわけがありません。
Twitterで集めた情報をマスコミに売りつける商売が繁盛するように、SNSで集めた情報をマイナンバーカードとリンク付けすれば、情報管理と官僚管理に加えて国民の管理も出来そうです。いえ、もう管理されているのだろうなあ。

うたがうらくはつぼみのまま

毎年ヒガンバナを撮っているので同じような写真を撮らないように気をつけるのですが、
年々、記憶力が怪しくなっている身には使用するレンズを変えたりしても、なかなか厳しいです。

01LR-PF214822-Edit-1.jpg
olympus pen-f 300mm
02LR-PF214776-Edit-1.jpg
olympus pen-f 300mm

 鬱天使(うつてんし)うたがふらくは人の子の男つぼみのままほろぶるを   (塚本邦雄:陽帝領)


彼の人の口からデジタル庁などと聞くと、情報管理と官僚管理の省庁で、ますます公文書は見えなくなり、ますますマスコミは御用聞きになるのかなどと感じるのは老人の杞憂です。
言い過ぎたかなあ。続きを書いていたら、エラーが出たので後日書きます。

かみ一重

二か月ぶりに友人が撮影に誘ってくれてヒガンバナを撮りに行ってきました。
が、pithecantroupusはへそ曲がりなので、ヒガンバナでないものをパシャッ。
もっと素直になろうと思ってはいるのですが。

01LR-M5214973-Edit-3-1.jpg
olympus e-m5mk3 60mm
02LR-M5215117-Edit-1.jpg
olympus e-m5mk3 60mm

一枚目は風雨にさらされてしまっていますが、竹の先に御幣をつけた依り代なので、田の神様なんでしょうか?
二枚目は地域の年寄りが遊ぶゲートボール場の手洗いに、こころ弱ったpithecantroupusが見た十字架?(汗)

 神を後ろより擁(いだ)きしめ靑春の閒一髪の髮の琴線   (塚本邦雄:されど遊星)

ごんが

彼岸花の写真を皆さんのブログでそろそろ見かけます。うらやましいなあ。
pithecantroupusは昔々の写真を探して、あれやこれや思い出しています。

きょうは10年前の動物!

01LR-P9140762-Edit-1.jpg

02LR-Z9144437-1.jpg

「ごんぎつね」の歌はないので、「ごん」で、
 歳月われの頭上を過ぎつつあたらしき五合枡(ごんがふます)の角のくろがね   (塚本邦雄:波瀾)

半世紀前の

回想法「徳島脇町」を性懲りもなくまたやってしまう、反省しないpithecantroupus。

「反省」していないので「半世」で、(汗)
 半世紀前の飢ゑいまさらさらと水飯(すいはん)に浮く蝶の鱗粉   (塚本邦雄:汨羅變)

01LR-m5iiiZA136107-Edit-1.jpg

02LR-m5iiiZA125730-Edit-1.jpg

「今サラサラ」なのか「今更さら」なのか。水飯(すいはん)は食べたことないなあ。
「飢え」という単語への感覚も戦争を経験したかどうかで違うのでしょうね。同様に、震災を経験したか否かでも分かれてしまう気がします。

露光

先日、エッチな灰皿とオリンパスOM-1を撮った時の残りものです。
露出計のセレン光電池は今でも生きています。

02LR-PF134574-Edit-3-1.jpg

03LR-PF134582-Edit-1.jpg

露出計の歌は当然みつけられず、「露光」で探して一首だけ見つけました。(汗)
 萬綠の露光る野にめざめたりはね濡れて透く我のそびらよ   (塚本邦雄:歌誌『オレンヂ』)

かび色の眼鏡おく

一週間の疲れが土曜日に来た昔がなつかしい。金曜日に来るようになり、とうとう木曜に。歳はとりたくないなあ。
回想法がまずいのかもしれませんが、脇町3枚です。

03LR-ZA125777-Edit-1.jpg

02LR-P7312373-Edit-1.jpg

01LR-ZA125890-Edit-1.jpg

塚本邦雄の木曜日の歌もあるのですが、「もくよう」によく似てる「もくよく」で、(汗)
 沐浴の父月にむけ黴色の眼鏡おくあはれなにに備へ   (塚本邦雄:水銀傳説)

虹をつかむ

また回想法に恍惚として、徳島です。
映画のロケ地にもなったと聞きました。脇町、オデオン座。

01LR-m5iiiP7312201-Edit-1.jpg

02LR-P7312412-Edit-1.jpg

 映書果てて出口の光あざらけし疾く出よマクベスの妻が來る   (塚本邦雄:詩魂玲瓏)