坂は

思い出の坂道の町を、なおなお。ちっとも頭の体操になっていないのが残念です。

6月も今日をかぎりなので急いで6月の歌を引用して、
 坂は照る夜は星降るこころざしこそ水無月(みなづき)の空に煌(きら)めけ   (塚本邦雄:靑雲帖)

01LR-ZC129609-Edit-3.jpg
olympus e-500
02LR-ZC129658-Edit-2-3.jpg
olympus e-500
03LR-ZC129661-Edit-2-3.jpg
olympus e-500


泉佐野市のふるさと納税がニュースになっていましたが、なぜテレビは「過剰な返礼」ばかりいって政府の違法的な措置を言わないの。『遡及処罰の禁止』という初歩的な問題を無視して大本営発表に終始してきたマスコミの姿勢こそ問題があったと思うのですが。

さやさやとさみなし

恥ずかしながら。

01LR-M5204528-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm
02LR-M5204462-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm

21日にアップしたのと同じ写真ですが、合歓の木が分かるようにしたものも
03LR-PF204128-Edit-3.jpg
olympus pen-f 4mm

 花合歡(はなねむ)は實をきざしつつさみどりの莢(さや)さやさやとさみなしにあはれ  (塚本邦雄:毎日新聞1990年7月21日)

空気1キロ

懲りずにネムに再挑戦、というと聞こえはいいけど、単に写真が残ってないからこれしかないのです。(汗)

 花合歡の睡りおもたし一立方米の空氣一瓩(キロ)三百   (塚本邦雄:詩魂玲瓏)

おもわず空気の重さを計算してしまいました。
乾燥した0℃、1気圧の空気1立方メートルは1.29・・・㎏でした。

01LR-M5204446-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm
02LR-M5204457-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm


空気というと、これもあるところに、

日本人はパターン化された「空気」を読む力には群を抜いて長けていますが、その「空気」に身を任せることがほとんどのため、その場その場で起きている個別の状況へ柔軟に対応する経験をあまり積むことができないのでしょう。

と書いてありました。
pithecantroupusに関してはご指摘のとおりです。

恍として

まだ回想、夢の中、恍惚の時間中。(笑)

 恍として犬齒抜かれつ 霊媒に招(よ)ばれし昨夜(よべ)のつゆけき父よ   (塚本邦雄:水銀傳説)

02LR-ZC129580-Edit-3.jpg
olympus e-500
01LR-ZC129585-Edit-3.jpg
olympus e-500
03LR-ZC129633-Edit-3.jpg
olympus e-500

あるところに、次のように書いてありました。

緊急事態宣言の渦中では、不要不急で欠かせない仕事だけは続けましょうという価値観がありましたが、人間の時間の感覚はたくさんの時間の線をより合わせたものであって、不要不急のことだけをしていると時間の線がどんどん痩せ細り、不連続な“今”だけになってしまう。だからこそ、人間が生きていく上で、実は不要不急のことをするのが必要なんだと思います。

まえに引用した吉本隆明「フランシス子へ」の中で、吉本も、

本当は何にしたっていわく言いがたい中間こそが問題で、その中間の何かを省いてしまったら、あとにはなんにも残らないって感じがするんです。

と言っていたし、理屈なし目的なしにブラリブラリしていてもいいのかな。いいんだろうなあ。

回想の

ネムの結果に落胆して、回想の世界に逃避です。(笑)

01LR-ZC129669-Edit-3.jpg
olympus e-500
02LR-ZC129778-Edit-3.jpg
olympus e-500

 九階は前衛映画回想のゆふべいづこに杜鵑草(ほととぎす)散る   (塚本邦雄:睡唱群島)

これまで使ってきたカメラをひるがえってみると、もう消えたブランドの山です。
マミヤ、ブロニカ、プラウベルマキナ、使ってないけど所有しているものも数えると、ミノルタ、トプコン、ズノー。
あと残された時間と写真を撮れる期間を考えると、オリンパスと一緒に沈没するのかなあ。
66判とはいわないけれど44判の二眼レフをデジタルでつくってくれないかなあ。

そのまくらべに

合歓の木ですが、なんて下手なのだろうと自己嫌悪です。(涙)

01LR-M5204529-Edit-2-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm
02LR-PF204103-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm
03LR-M5204468-Edit-3.jpg
olympus pen-f 300mm reflex

 ひる眠る水夫のために少年がそのまくらべにかざる花合歡   (塚本邦雄:水葬物語)

われ異邦人

pithecantroupusが花よりも苦手な動物系です。
写真にいろいろ欠点があっても、動くものへの恐怖心に打ち克って撮ったので、「あんたはえらい!」

LR-M5204520-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm

 あかがねのにほひはためき大揚翅蝶(おほあげは)たてりき永久にわれ異邦人   (塚本邦雄:約翰傅偽書)


コロナ、コビッド、パンデミック、ロックダウン、テレワーク、東京アラートなど、カタカナの氾濫ですね。老人はついていけません。

キヤノン、ニコン、リコー、ソニー、パナソニック、オリンパスだってカタカナですが、ニコンやキヤノン、いまはなきミノルタ、コニカ、ヤシカなどは日本語起源だからpithecantroupusの脳はついていけました。
いや、単に若かったからかな。(笑)
歳をとると、コニカもミノルタもヤシカも消えて、いままたオリンパスが消えるかもしれないと、寂しいかぎりです。

近くかつ遠く

同じような景色が続くと、アマノジャクは浮気心がフツフツとわいてきます。
今更の昔話の「両城」をまた。

01LR-ZC129793-Edit-3.jpg
olympus e-500
02LR-ZC129781-Edit-3.jpg
olympus e-500
03LR-ZC129767-Edit-3.jpg
olympus e-500

 葛湯すするうつつに近くかつ遠く昔ブニュエルの「糧なき土地」   (塚本邦雄:黄金律)


新潮社のPR誌「波」のフーコーの著書を紹介する文(慎改康之「感染」と「規律」)の一部を引用します。

個々人が一つの場所に固定され、わずかの動きさえもが管理され、あらゆる出来事が記録され、何もかもが恒常的に検査されるという、こうしたすべてが、「規律装置」の見事なモデルを構成しているのだ。そしてそのような装置の背後に読み取られるものとしてフーコーが挙げているのが、「感染」への恐れである。病の感染への、さらには違反や反抗などといった「無秩序」の感染への恐れ。そうした恐れを糧としてこそ、「規律」が肥大するのだ。

書評されている本は1975年出版ですが、みごとに現在を言い得ていると思いました。

夏至物語

ウォーキング中、なおなお。

きのうは夏至だったそうなので、
 少女ふたばよりかんばしくかなかなの唖刺し殺す夏至物語   (塚本邦雄:綠色研究)

LR-PF204120-Edit-2-3.jpg
olympus pen-f 300mm reflex
LR-PF204010-Edit-3.jpg
olympus pen-f 17mm

最近は、後になって気がつくことばかり、繰り返してます。
まだ一週間以内の遅れだからOKかな。(汗)

安息日

ご近所の公園でウォーキングしながらパシャ。
運動不足で、頭に血が回ってこない。
目まいしながら写真を撮ってきました。(笑)

 ゆでたまご賣りの老婆が公園へ走る 安息日に榮光(はえ)あらむ   (塚本邦雄:日本人靈歌)

01LR-M5204489-Edit-3.jpg
olympus e-m5mk3 60mm
02LR-PF204126-Edit-3.jpg
olympus pen-f 4mm

コロナ、コロナと騒いでいる間に、脳の劣化が進んだように感じます。「てきぱき」という形容からどんどん遠ざかりつつあります。
ロバート・キャンベルが言ってたなあ。

 ・・・(略)・・・疫病は、瞬時に流れを堰き止め、壊し、世界を荒涼とした景色に激変させるものではない。その代わりに、ものごと、やがて自分の何かをも元へ戻れない形へと変質させてしまう。飛行機雲が消えた都心の空を眺めながら、いつもあるのに今日はないなということに気づき、ぼんやりとその意味を考えている。(「疫病は眼前の景色はそのままに、人の心を不可逆に変えていく」)


し、しまった!
うかうかと、6月19日を通り過してしまいました。あの日はこのブログを始めた日だったのに。しかも10年目だったのに。
と思って、先日の19日の記事を見たらむかしのノスタルジアにどっぷりの写真でガックリです。
起死回生のホームランなんて当分の間夢ですね。

たいさんぼく

泰山木だそうですが写真は残念な結果でした。
少々のピンボケは許すということで。(汗)

これでは10年前の両城ノスタルジアのほうがまだましだったかもしれません。

01LR-PF204070-Edit-3.jpg
olympus pen-f 17mm
02LR-PF204088-3.jpg
olympus pen-f 17mm


 大盞木(たいさんぼく)そのさかづきに酌(く)まむとぞ二十歳(はたち)屋上に立ちし鳶職   (塚本邦雄:星奔樂)

悲しみのもなか

なお両城。

01LR-ZC129551-Edit-3.jpg
olympus e-500
02LR-ZC129571-Edit-3.jpg
olympus e-500
03LR-ZC129638-Edit-3.jpg
olympus e-500

吉本隆明『フランシス子へ』を知ったのは、ネットのこの記事を読んだかからです。
はた目には「記憶の再構築」をしているといわれているけれど、次のような一節を読むと、やっぱり彼は彼だと思ってしまいます。


 ・・・「悲しい」と言い切ってしまったら、いわく言いがたい中間がバッサリ省かれてしまうことになる。

 いっそ「悲しい」と断定することをひとまず横に置いてみたらいい。
 そうして前提も結論も何もない場所に立つと、全部が相対化していくのがわかるんじゃないですか。
 今、感じているこの感情はいったい何なのか。
 わからないまんま、じっと抱えているほかはない。


 悲しみのもなかにありて伊勢乙女(いせをとめ)こよひ紅梅の實を煮るといふ  (塚本邦雄:天變の書)

木星荘百階

呉市両城。むかしむかし行ったとさ。記憶があるあいだに上げるとさ。(笑)
すでに2011年11~12月に4回に分けてアップ済みですが、お気に入りの場所なので。

01LR-ZC129685-Edit-3.jpg
olympus e-500
02LR-ZC129647-Edit-3.jpg
olympus e-500
03LR-ZC129721-Edit-3.jpg
olympus e-500

 木星荘百階に來よ千メートル下に世界の亡ぶるが見ゆ   (塚本邦雄:魔王)


きのう20年後にネコやイヌと話ができるというニュースを引用しましたが、最近読んだ本が脳に影響を残していたのかもしれません。
吉本隆明が死の三か月前に語った内容が書き留められた本。

『フランシス子へ』。
書名は著者に先立って亡くなったネコの名前です。
長女が書いたあとがきによれば、この頃、吉本隆明は、「”事実誤認”では済まない。頭の中で自分だけの記憶が再構築されている。」様子だったそうですが、愛猫の死に、
 自分の「うつし」が死んだ。
 「うつし」が亡くなってしまった。
というとき、「記憶の再構築」がなんだ、と思ってしまいます。この瞬間の気持ちが正直に語られていると感じるからです。であるなら、不正直な過去など再構築されったていいじゃないかと思うのです。

迷宮入り

奈良県宇陀市の「 室生山上公園芸術の森」。
恥ずかしい不良品ですが、むかしむかしの写真だから、「あのころは若かった」ということでご勘弁を。

01LR-P6079864-Edit-3.jpg
olympus e-500
02LR-P6072886-Edit-3.jpg
olympus e-300
03LR-P6072887-Edit-2-3.jpg
olympus e-300

20年後に犬や猫と会話できるというニュースがあったので、本年度版科学技術白書のPDF版を見たら、「発話ができない人や動物等が言語表現を理解したり、自分の意志を言語にして表現することができるポータブル会話装置」が予測されていました。

イヌ、ネコはにわかに信じられないのですが、「潜水服は蝶の夢を見る」(ジャン=ドミニック・ボービー)の著者が話せるようになるというのならあり得るように思います。

「潜水服は蝶の夢を見る」の著者は1995年12月に、脳出血で左目でまばたきができる以外の身体的自由を失いましたが、その目のまばたきだけで本書を執筆し、1997年3月に本がフランスで出版された2日後亡くなったそうです。

彼がいたという事実だけで出来が悪いpithecantroupusでも自分の心を奮い立たせることができます。


 蝶類の都に飛火した火事の因(もと)は迷宮入りかたつむり   (塚本邦雄:透明文法)

老ゆるはおそろし

きのうチビッてしまったので脳の活性化のための回想法で。

01LR-EA227667-Edit-3.jpg
olympus e-p1
02LR-EB221353-Edit-3.jpg
olympus e-p2
03LR-EB221356-Edit-3.jpg
olympus e-p2


ネットのニュースで、うつ病とヒトヘルペスウイルスの記事を見かけました。

 ヒトヘルペスウィルスは疲労すると唾液中に出てきて、一部が鼻へ逆流してにおいを感じる脳の中枢「嗅球(きゅうきゅう)」に到達し、再感染を起こしていた。再感染すると、嗅球である種のたんぱく質が作られ、この働きで脳細胞にカルシウムが過剰に流れ込み、死んでいくこと。さらに、嗅球の細胞死によって、記憶をつかさどる海馬での神経再生が抑制されていた。慈恵医大の近藤一博教授(ウイルス学)らがつきとめた。

ということだそうです。
pithecantroupusは最近、ヘルペスができて、以前効いた薬も効きませんし、勘違いや見落としや物忘れが気になります。
きのうの「失禁」も無関係ではないなあ。(笑)

 老ゆるはおそろしき六月琅玕の一つかみ魂の価(あたひ)は   (塚本邦雄:花劇)