ゴミ箱ごそごそ

ゴミ箱をごそごそして引っ張り出してきたあれやこれやの写真を。

一枚は一昨日見つけて撮ったむかし使っていた暗室用品。フィルム・リールです。
一枚は約ひと月前に撮った野草。お昼ご飯に出かけた「ついでに撮った」写真です。
一枚は昨日の爺ちゃん(キヤノン7用50㎜0.95)と孫(ノクトン60㎜0.95)のモノクローム写真です。

02LR-P5071520-2.jpg
olympus e-m5mk3 25mm
LR-PF153238-Edit-2.jpg
olympus pen-f 60mm macro
LR-M5083916-Edit-2-2.jpg
olympus e-m5mk3 25mm

ブローニーフィルムの現像に使っていたリールは、ハマのプラスチック製とメーカー不明のステンレス製です。
ハマの製品はひとつでブローニー、ベスト、35㎜の3種類に対応するうえ、埋め込まれたボールベアリングで簡単にフィルムがセットできましたが、リールが濡れているとボールベアリングでフィルムのゼラチンが膨張して使えなくなるので、完全に乾かす必要がありました。

当時使っていた現像液は、「シュテックラー」2浴現像処方を単品の薬品から調合していました。
この処方を教えてもらった中川一夫「現像引伸のうまくなる本」(朝日ソノラマ社、現代カメラ新書)は暗室作業のバイブルでしたが、いまあらためて本を開いてみたら、書かれた内容への疑問や批判を書いたメモがいっぱい挟んでありました。



テレビをつけるとコロナのニュース。行政の発表と感染者数の数字の氾濫です。
「コロナウイルスとの距離のとり方 アンドレ・コント=スポンヴィル『哲学』(白水社クセジュ文庫)」という記事がありました。
冒頭の記事紹介を引用します。

『「私としては、全体主義国家のなかでコロナウイルスから救われ、そしてその全体主義国家を子どもたちに遺贈するよりは、自由のある国で罹患するほうがましです!」──COVID-19がもたらす公衆衛生上の危機について、白水社文庫クセジュ『哲学』の著者アンドレ・コント=スポンヴィルからのメッセージをお届けします。フランスの新聞各紙(Le Soir, Le Journal du dimanche, L’Echo, La Semaine)に掲載されたインタビューや対談をもとにまとめ、本人から公開許可をいただいた発言です。』

遊ぶ二つの

きょうは爺ちゃんと遊びました。

01LR-M5083922-Edit-2.jpg
olympus e-m5mk3 25mm

爺ちゃんは昭和36年生まれの5群7枚で、同じ0.95でも僕の方が8群11枚ですからその分体重も250グラムぐらい重いです。フィルター径も爺ちゃんの方が5ミリ短い。
爺ちゃんはもう歳ですから上体前屈しても指先から地面まで1メートルもあって、僕の34センチにとても及びません。(それに山登りで岩にぶっつけて頭がすこし凹んでます。)

でも爺ちゃんは今でも謹厳な性格で、若いころに雑誌でいろいろ酷評されたにもかかわらず諸収差がよく修正されて、意外にボケません。
僕は50ミリの爺ちゃんよりも10ミリ背が高いので1.2でよかったのにと言われますが、0.95という同じ名前が誇らしいと思っています。


もう夏になってしまいましたが「遊ぶ」で、
 霞へだてて遊ぶ二つのいかのぼり父にかくし子母には連れ子   (塚本邦雄:閑雅空間)

献身

雑草の中でけなげに花をつけていましたが、あいかわらず名前はわかりません。(汗)

02LR-DP2Q2311X3F-Edit-2.jpg
sigma dp2q

雑草ぼうぼうの我が家の庭に一年おきに実をつけるレモンの木があり、ことしも花だけはたくさん咲きましたので、こちらも花が落ちる前に記念写真をパシャッ。

01LR-M5043814-Edit-2.jpg
olympus e-m5mk3 135mm


苦手な花の写真で不満足なpithecantroupusはきのうのカメラの写真を貼ってちょっと留飲を下げます。

03LR-DP2Q2265X3F-Edit-2.jpg
sigma dp2q

きのうムービーの前に、家族が医療従事者になる道を選んだら動揺すると書きました。
同時にそれはエゴイズムだとも書きました。
それは出征する兵士を見送るような感情です。


ハーパース・バザーを翻訳した記事があったので、4月6日、エリザベス女王が世界保健デーにあわせて送った医療従事者を称えるメッセージを引用します。

 この世界保健デーを機に、イギリス連邦および世界中の人々の健康と福祉を保護し、向上させるために極めて重要な役割を担っているみなさんの無私無欲の献身と勤勉さに感謝いたします。
 この試練の時に、私たちは人間の精神の最も素晴らしい部分が前面に出てくるのを目の当たりにしています。大変困難な状況の中で、数え切れないほどの看護師や助産師、その他の医療従事者が献身的にサービスを提供してくださっていることは、私たち全員のお手本となっています。
 みなさんへの永続的な感謝をお伝えし、幸運をお祈りいたします。

翻訳者も「私たちも、医療関係者への感謝を忘れないと同時に、医療崩壊を引き起こさないよう努めたい。」と記事を結んでいました。こうした感謝の言葉は、一部の企業や団体やアーチストが発信しているものの、日本ではまだ少ないと感じます。すべてのマスコミや各界リーダーは、もっと声をあげるべきだと思います。

 獻身のきみに殉じて寢(い)ねざりしそのあかつきの眼中(がんちゆう)の血   (塚本邦雄:獻身)

死ぬほど退屈

外出自粛につき部屋のテレビの前で一枚だけパシャッ。

LR-DP2Q2276.jpg
sigma dp2q

 死ぬほど退屈、されば油彩の涅槃圖に朱の蚤一匹を描き添えむ   (塚本邦雄:詩魂玲瓏)

すこし前の新聞コラムに、『神という字は、「ネコ+(プラス)1」に分解できる』という話(江坂遊からの引用)がのってました。
コラムは『人は「犬-(マイナス)、」だけどうんぬんとつづくのですが、どうみても猫の方が人間よりエライような印象です。
コロナばかりのニュースをあれこれ見ると、それも本当かもしれないという気がしてきました。

終楽章

ことしもAge of penの何を撮っているやらわからん写真にお付き合いいただき、ありがとうございました。
来年が皆様にとってよき年となりますようにお祈り申し上げます。

写真を撮り始めたころに使っていたオリンパス・ペンSの写真で、あのころの初心を思い出そうと考えました。
LR-PF137184-Edit-4-1.jpg
olympus pen-f m.zuiko 25mm

ことしは健康について深く考えさせられる年でした。
あとどれだけ残っているかと指を折ってしまいました。
今日はもっと上手な写真が撮りたいという「妄執」と闘っていこうという心を阿修羅像に託しました。(笑)

 はなやにて花無きつぼの水ふるふ第九交響樂終樂章   (塚本邦雄:装飾樂句(カデンツア))