阿呆エンジェル

コスモス撮影行の収穫物なお。
きれいに咲いたコスモスを目の前にして撮らない、というのはどこかこわれているのだと思います。
先が心配です。

01LR-M5185606-Edit-1.jpg
olympus e-m5mk3 135mm

正気を失っていない証拠もちょっとだけ。
まだ大丈夫です。

02LR-M5185406-Edit-2-1.jpg
olympus e-m5mk3 135mm
03LR-M5185443-Edit-1.jpg
olympus e-m5mk3 135mm

正気だけどちょっと間違えることは増えました。
先日書いた「柊サナカ」の名前を、何度読んでも、サカナであったりカナサであったりナカサであったり、一度で頭に入りません。

これも以前に引用したWEBちくまの穂村弘の連載にこんなのがありました。一部を引用します。

 こんな短歌がある。
  エンジェルを止めてくださいエンジンの見間違いだった地下駐車場    戸田響子
 「地下駐車場」で見かけた「エンジェルを止めてください」は「見間違い」だった。正しくは「エンジンを止めてください」。だが、それが間違いであることがわかるまでの数秒間、作中の〈私〉の心は別世界に飛ばされていた。「エンジェル」は地上で何をしようとしているのか。止めないとどんなことが起きるのか。「止めてください」と頼んでいるのは誰なのか。もう一つの世界は、既知の現実世界よりも不穏なときめきに充ちて美しい。・・・見間違いや錯覚が、もう一つの世界を生み出す。それは短歌に限らない。

見間違いや勘違いがもうひとつの正気でない世界へつれていってくれるというのは確かだと思います。ちょっとこわいけれども。

 くりかへし翔べぬ天使に讀みきかす―白葡萄醋酸製法祕傳   (塚本邦雄:水葬物語)

生きて虜に

2週間前にヒガンバナを撮ったとなりの市の山沿いの棚田へ行ってコスモスを撮ってきました。
でもヘソも曲がっているので、コスモスでないものも気になりました。

01LR-M5185660-Edit-2-1.jpg
olympus e-m5mk3 135mm
LR-M5185711-Edit-2-1.jpg
olympus e-m5mk3 135mm

 アメリカ背高泡立草三ヘクタール生きて虜囚の辱(はづかしめ)を受けよ   (塚本邦雄:黄金律)

 すでにこの世にいない人たちが、ひと月前亡くなった時に乗り合わせたバスで午前0時にこの世に戻り、こちらの世界に残された家族たちと一時間だけ再会します。
 赤川次郎「午前0時の忘れもの」を読みました。

 読み終わってから、ネットで検索して、大林宣彦の映画「あした」の原作だと知りました。大林宣彦はことし4月に亡くなられましたが、この映画の脚本を書いた桂千穂という方も8月に亡くなられたようです。

 午前0時にあの世からの乗客を乗せたバスが到着するシーンで、午前0時過ぎにあの世からの英霊を乗せた列車が東京駅に到着する映画「姿なき一〇八部隊」を思い出しました。

いわば天罰

一身田を散歩中です。

01LR-PF115233-Edit-1.jpg
olympus pen-f 17mm
02LR-PF115292-Edit-3-1.jpg
olympus pen-f 17mm
03LR-PF115288-Edit-3-1.jpg
olympus pen-f 17mm

 戰死こそ至福といはば天罰の黑胡椒くちびるの炎ゆるまで   (塚本邦雄:感幻樂)


きのう引用した文のあとへ、「別の人が別のところで」とリンクをはったサイトから末尾の部分を。
これは、pithecantroupusのようなへそ曲がり、変人、アマノジャクへのエールに違いありません。(汗)

 共感なんか、なくてもいいじゃないですか。そんなものばかり求めていると、身動きできなくなりますよ。きちんと条件を定めて、ルールを決めておけば、共感できない人、理解できない人とでも、共生し、協働することはできる。何らかの「よきもの」をこの世に送り出すことはできる。その方が粘ついた共感の檻に閉じ込められて、身動きできずいいることよりも、ずっと愉快だし、有意義だと僕は思います。でも、そのことをアナウンスする人が少ない。(内田樹「『日本習合論』ちょっと立ち読み」)

共犯のこころ

きのうは動物でしたがきょうはのこり物で。しかも雑草です。すみません。
のこりものなので、オマケして大きな写真にしておきます。(笑)

01LR-PF214852-Edit-2.jpg
olympus pen-f 300mm reflex
02LR-PF214842-Edit-2.jpg
olympus pen-f 300mm reflex

中身の希薄さは饒舌で補うことにして、新潮社PR誌「波」、ブレイディみかこのインタビューから一部を引用します。

 ・・・ええ、多様性のある社会はややこしいんです。文化的な背景によって常識が違うので、そこかしこに地雷が埋まっている。ひとは本能的にアイデンティティを求める生き物だと思うんですが、強い帰属意識や連帯感は、別の集団との分断も生んでしまう。
 では、向こうとこちらの違いをなくせばいいのかといえば、そういう話でもない。違いをなくしたら多様性もなくなってしまうと思いませんか。経済の分断、つまり格差は論外ですが、多様性のある社会というのは違う人たちが一緒に暮らしているわけですから、分断が生まれるのはある意味、当たり前なんです。
 だから、大切なのは分断をどうしたら乗り越えられるか。その有効な手段のひとつが「エンパシー」だと思うんです。
 ・・・エンパシーは、たとえ自分が賛成しない人、意見が違う人であっても、その人の立場になって想像する能力のことです。共感と訳されがちですが、「いいね」ではありません。

別のところで別の人が「共感」への違和感を書いていたのも含めてpithecantroupusはちょっと考えさせられました。

「共感」に似ている「共犯」で、
 共犯のこころあるべし水涸るる彼岸のダリの天牛蟲(かみきり)の髭   (塚本邦雄:星餐圖)

きょうは龍で

ワンパターンの写真が続いているので、きょうは動物!
津市一身田の散歩中です。

01LR-PF115250-Edit-1.jpg
olympus pen-f 17mm

写真の”ドラゴン”つながりで、村上龍から引用します。
「櫻の樹の下には瓦礫が埋まっている。」(2012年)から『期待は甘えとほとんど同義語だ。』の一部です。

・・・たとえば「菅内閣に何を期待しますか」という質問だ。新政権が発足するとき、メディアは「街の声」を求めて、人々にそう聞く。そんな質問は、意味がないというだけではなく、絶対に聞いてはいけないのだ。・・・
 大多数の日本の政治家は、自分が監視されているのではなく、期待されているのだと勘違いしている。大手既成メディアが、何を期務しますかと街の人々に聞くのだから、そう勘違いするのも無理はない。「新政権のどんな政策について監視しますか」と聞けば、政治に良い意味での緊張が生まれるかも知れない。だがそんな質問が発せられることなく、日本は衰退の一途をたどるのだろう。
 期待、奇妙な言葉だ。期待するというのは、相手に何かを望むという意味だが、経済や政治は本来は「契約」で成立していて、そういった概念からは無縁のはずだ。・・・


菅内閣は民主党の話なのですが、今の内閣としても通用するような。ちっとも進歩していない日本。
 急速に日本かたぶく豫感あり石榴をひだり手に持ちなほす   (塚本邦雄:汨羅變)


動物ではありませんが、角の形が似ているような気がするもう一枚をおまけに。

02LR-PF115245-Edit-1.jpg
olympus pen-f 17mm