傾ける齢

きのうの徳本桜をもう少々。

001-LR-MK380782-Edit-1-.jpg
zuiko 50mm 1.4
002-LR-MK380773-Edit-4-.jpg
zuiko 50mm 1.4
003-LR-P3280060-Edit-1-.jpg
kowa 8.5mm 2.8

別冊文藝春秋というサイトに「美食家は死語になる」という文があって、無料のところを読みながら「美食家」の定義が変わってきたのかなあと思いつつ、きのうの奈良岡朋子が90歳を超えて出演した「土を喰らう十二ヵ月」(日活)公式サイトを訪問してみました。

面白そうとは思ったけど、田舎育ちは火を通さない野生を食べることができません。
沢田研二がよい演技をしたようですが、キネマの神様が期待外れだったので気になります。pithecantroupusにとって彼はジュリーのままでいいんだけど。

 傾ける齢(よはひ)もたのししろたへの木槿が馬に食はすほど咲き   (塚本邦雄:魔王)

女優

きのうはイヌナシとアイナシをまちがえてしまいましたが、きょうはサクラで。

LR-MK380736-Edit-4.jpg
zuiko 50mm 1.4
LR-MK380755-Edit-4.jpg
laowa 5.8mm 2.8

二枚目は「徳本(とくほん)桜」というそうです。徳本上人は江戸時代の僧侶だと後から知りました。記念写真です。

 花冷えの今朝󠄁󠄁󠄁の發想みづみづし贋作「ミケランジェロ艶書展」   (塚本邦雄:獻身)


奈良岡朋子の訃報をTVが報じていました。
女優つながりで、高峰秀子の養女が自著を紹介していたのを。

 人が発する言葉は、どこから出てくるのか? もちろん脳が指令を出すのだが、当然、端から無いものは出てこない。しかし所有している語彙が多ければよいというものではない。難解な言葉を知っていればよいというものでもない。学歴も関係ない。今、どの言葉を発するか。一体、その言葉の選択は思考回路のどこをどう動いて、最終的に口の外に出るのだろう?本の話 斎藤明美「嘘や飾り、蛇足がなくて絶妙――“高峰秀子の言葉”は、どこから出てくるのか」

高峰秀子の会話が面白かったと紹介している一部です。pithecantroupusは高峰の二十四の瞳より喜びも悲しみも幾年月が好きです。愛煙家だっというところに好意をもちます。

灰色にむず

やっとこさ今年のサクラが撮れました!
が、その前にイヌナシ(※)の花を友人の誘いに乗ってパシャッ。地元で有名なんだそうですが、pithecantroupusも地元なのに。

001-LR-MK380698-Edit-4-.jpg
zuiko 50mm 1.4
002-LR-P3280002-Edit-2-4-.jpg
kowa 8.5mm 2.8

イヌナシと聞いてサルナシもあったなぁと思いましたが、両者は全く違う種属だそうです。キジナシはないよね。
花の咲いていたお寺は伝運慶作の金剛力士像が有名で、pithecantroupusも中学生時代に、ペンWを持って写真を撮りに行った記憶があります。

 仁王のくちびるは灰色にむずと閉ぢつひに娶らざらむこころばへ   (塚本邦雄:詩魂玲瓏)

(※)追記
 ネットで検索したら、イヌナシではなくアイナシだそうです。珍しい樹として知れたのが昭和40年代といいますから、ペンWで仁王さんを撮ってた頃は気付くこともありませんでした。

頽齢の

なお回想。頭の体操。
そういえばむかし「頭の体操」というベストセラーがありました。あれは老化防止にならないのかなぁ。

001-LR-P4061009-Edit-4-.jpg
002-LR-P4060909-Edit-2-4-.jpg

 こころ冱ゆることかぎりなき頽齢の三月盡(やよひじん) 處女一匹買はむ   (塚本邦雄:詩歌變)

ながらへよ

むかし信州のつづきで。

LR-P4060883-Edit-4.jpg
001-LR-P4060842-Edit-4-.jpg


 逆運の伯父が信濃の榲桲(マルメロ)をどさりとおくり來つ ながらへよ   (塚本邦雄:詩魂玲瓏)

老衰はなはだしく、榲桲をマラルメと読んでしまい漢字変換ができませんでした。(涙)
もっともマルメロと打ち込んでもやっぱり漢字変換できなかったので、IMEも老人ボケと同レベルと確認しました。

尾羽打ちからし

あちらもこちらもサクラの話。ことしは河津桜を一度撮っただけなので、10年以上前の信州駒ケ根の一枚で飢えをしのぎます。

001-LR-P4060869-Edit-3-.jpg

河津桜の残りものも。はずかしいから小っちゃく。
002-LR-P3100140-Edit-2-3-.jpg

 春服(しゆんぷく)をあつらへに行かう 霧雨を尾羽うち枯らしたる四十雀(しじふから)   (塚本邦雄:波瀾)

ねずみドロップ

三歩のつづきを。

LR-MK320601-Edit-3.jpg
m.zuiko 20mm 1.4

pithecantroupusには縁がないけど、それゆえに強く憧れているものについて、備忘のため引用します。

 品位はその本質からして・・・「他者」と向き合うときの作法・・・
他者に向き合う作法とは、一言で言えば、「敬意を示すこと」である。・・・
 敬とは距離を取ることである。熱いフライパンをつかむときに「なべつかみ」を用いるのと変わらない。
世の中には「鬼神」に類するものがいる。うかつに手で触れると失命するかも知れないものがあまた存在する。それに対する畏怖の現れが「敬」である。
 ・・・「すべては等しく主観的幻想にすぎない」という命題に致命的に欠けているのは他者の他者性に対するこの畏怖の思いである。
『學鐙』2023年春号 内田樹「品が良いとは悪いとは」

下品でも品がある存在はありえるんだ!

品のかわりに貧で、ひと月遅れですが、
 貧寒のいささかゆるぶ涅槃會と先づ購ふ白きねずみドロップ   (塚本邦雄:水銀傳説)

うそ

きのうのつづきで。

001-LR-MK320642-Edit-3-.jpg
m.zuiko 20mm 1.4
きのうの頭の中が逆転したやつをノーマルに。
002-LR-MK320651-Edit-2-3-.jpg
m.zuiko 20mm 1.4

たまたまお昼ご飯を食べた食堂でWBCの準決勝、村上の逆転サヨナラを見ていたら、
ボールがミットに入る前にアナウンサーが「打った!」といったので、
てっきりピッチャーが失投したことで放送事故かと思ったら、映像と音声がズレた実況放送だったようです。

リアルと思っていただけと改めて気付かされました。

”真実”に似ているから”寝室”で、
 寢室の四隅の赤い蠟燭がときどきともり居留守がつづき   (塚本邦雄:水葬物語)

『君見ずば心地死ぬべし寢室の桜あまりに白きたそがれ』を引用しようとしたらこちらは白秋でした。あれ、馬脚が。

モノクロの春

忙しいと言い訳して玄関から三歩で。
たった数分でもシャッターを切っていると気分転換になります。

LR-MK320651-Edit-3.jpg
m.zuiko 20mm 1.4

ウィキペディアの頁にまた寄付を募るコメントが出ていましたが、
たまたま見ていた「アベノマスク」の記述が気に入らなかったのでさっさとペケ印を押しました。

 枕許にひらと落ちたるモノクロのさむざむしボッティチェッリの「春」   (塚本邦雄:不變律)

ぼくは元気です

わけもなく忙しいのです。お茶をにごす言い訳。

001-LR-P3100109-Edit-3-.jpg
nokton 29mm 0.8
002-LR-P3100234-Edit-5-3-.jpg
nokton 29mm 0.8

 「みんな元氣」とは言へねども死者達は健やかに死に續け居候   (塚本邦雄:風雅黙示錄)