せっかちなピテカントロプス

  • 2018/12/31 18:09
  • Category: camera
あまのじゃくのpithecantroupusは、せっかちでもあります。
元旦が待ちきれずに、年賀状をアップです。(汗)
2018blogあいさつサイズ童

新たに干支に入れたい動物を検索したところ、2年前のデータになりますが、1位猫、2位亀、3位熊、以下、鹿、鶴、狐、パンダ、ライオン、象、蛙だったという記事がありました。(Jタウンネットのアンケート結果で投票総数858票)
ネコは好きだけど、自分がネコ年生まれにはなりたくないにゃー。

いつも引用している塚本邦雄は、新十二支として「かに、オットセイ、獅子、獏(バク)、虹蜺(こうげい。雨後の天に現れる七彩の竜の雌雄)、さそり、ペガサス、山羊、猩々、孔雀、ジャッカル(金狼)、白象(びゃくぞう)」と雑誌に書きましたが、『あんたが博識なのはよう分かった』と思うだけで、やっぱりメンズファッションの雑誌に載った軽妙な駄文でしかありません。

ことしは「老い」を実感する一年でした。坂を転げ落ちるようにという形容そのままでした。
自分が完全に壊れてしまわないうちに出来るだけのことをしようという焦りが、転げるスピードをいっそう上げるようです。
ふりかえれば、若い時だってどこか壊れていたじゃないかと思うと、いまの自分も許容範囲です。(笑)

"Age of Pen"をご訪問くださり、ときには拍手やコメントをいただき、またLINKをしていただき、今年もありがとうございました。
皆様がよい年をお迎えなられますことを祈っております。

十二支に漏れたのはネコばかりではない

長谷園なおです。(汗)
01LR-PF240401-Edit-2-1.jpg
PEN-F 85mm

02LR-PF240432-1.jpg
PEN-F 85mm

03LR-DP2Q0900-Edit-1.jpg
DP2Q

04LR-PF240378-1.jpg
PEN-F 85mm

 十二支に漏れたる麒麟 音樂を病みて健やかなる若者に  (塚本邦雄)

カレンダーも。
(画像をクリックすると元のサイズで別ウィンドウが開きます。)
10LR6-ED201644-Edit-1C.jpg
10LR-ED201755-Edit-1C.jpg
11LR-DP0Q2565-Edit-2C.jpg
11LR-PC080564-Edit-1C.jpg
12LR-PC080138-Edit-1C.jpg
12LR-PF098225-Edit-1C.jpg

かたしこのまぼろし

丸柱の長谷園に、大正時代に建てられ最近まで事務所として使われてきた「大正館」があって、いまは休憩室になっています。
350円のセルフサービスのコーヒーを飲むと、使った伊賀焼のコップは自由にお持ち帰りできます。

 珈琲噴きこぼれて燃ゆるたまゆらを去りがたしこのまぼろしの生  (塚本邦雄)

01LR-DP0Q2688-Edit-1.jpg
DP0Q

02LR-DP0Q2691-Edit-3-1.jpg
DP0Q

03LR-DP0Q2696-Edit-1.jpg
DP0Q

04LR-DP0Q2724-Edit-1.jpg
DP0Q

風邪の息吹きかけて

長谷園にもどって、今日のテーマは「屋根」です。
昨夜から風邪気味ですが、きょうは家人の購入した家具が届くというので休んでいる暇はありません。

塚本邦雄は風邪なんかひかないのかなあ。
 百年後のわれはそよかぜ地球儀の南極に風邪の息吹きかけて
 石鹸に刹那薔薇の香うつされてこの風邪二十日(はつか)癒えざるべし
 世阿彌忌の世阿彌 ゼミナールは教授鼻風邪に涸(か)れ嗄(が)れのバリトン

01LR-PF240426-Edit-2-1.jpg
PEN-F 85mm

02LR-PF240381-Edit-1.jpg
PEN-F 85mm

03LR-PF240436-Edit-1.jpg
PEN-F 85mm

カレンダーは一挙に三か月分を。
0107LR6-P5200564-Edit-2CCAL.jpg
0207LR6-P6167587-Edit-1cCAL.jpg
0308LR6-DP2Q0156-Edit-1cCAL.jpg
0408LR6-P5127094-Edit-2CCAL.jpg
0509LR6-P5200702-Edit-2CCAL.jpg
0609LR6-P9090056-Edit-1cCAL.jpg

去年のごとし

伊賀焼の長谷園が三日続いたので、先日の尾鷲の写真で目先を変えて「朝三暮四」です。
いえいえ、ご訪問いただいた皆様をサル扱いしているわけではありません。(ポリポリ、汗)
01LR-PF230150-Edit-1.jpg


02LR-PF230161-Edit-1.jpg


03LR-PF230172-Edit-1.jpg

 昧爽とわが髪に降る金管の樂音 去年(こぞ)の霜のごとしも  (塚本邦雄)

カレンダーは6月だけで。
010101LR6-P6020908-Edit-4CCAL.jpg
020201LR6-P6071061-Edit-1CCAL.jpg

野性的に生きたいなあ

きょうは野性的な写真をということで、ネコとイノシシです。(笑)
あいかわらず長谷園で。
01LR-DP0Q2707-Edit-1CAL.jpg
DP0Q

02LR-PF240449-Edit-1CAL.jpg
PEN-F 85mm

くわえて、大慌てでカレンダーを作ってみましたが、元になった写真がダメなので、どうしようか思案中です。(汗)
03LR6-P3255287-2cCAL.jpg
02LR6-P3250167-1ccCAL.jpg
04LR-P3234813-Edit-1cCAL.jpg
01LR6-P3159418-Edit-2cCAL.jpg

のぼりきたりつ神

伊賀市丸柱の長谷園で見た窯たちが美しいと思いました。ここには神がいると感じました。

01LR-DP0Q2672-Edit-1.jpg
DP0Q

02LR-DP2Q0916-Edit-2-1CAL.jpg
DP2Q

03LR-PF240367-Edit-1CAL.jpg
PEN-F 85mm

塚本邦雄から神を選んで、
 聖夜劇天使の子らの髪赭し髪黒し やがて神うとみだす
 さしぐむは言(こと)の葉(は)の神さりながら萌黄(もえぎ)かすかに寒昴(かんすばる)炎(も)ゆ
 釘、蕨、カラーを買ひて屋上にのぼりきたりつ。神はわが櫓

降誕祭、この夜

イヴなので、伊賀焼のスノーマンでそれらしく。
場所は伊賀市丸柱の窯元「長谷園」です。

01LR-PF240481-Edit-1CAL.jpg
PEN-F 85mm

02LR-DP2Q0959-Edit-1CAL.jpg
DP2Q

03LR-DP2Q0966-Edit-1.jpg
DP2Q

04LR-DP0Q2735-Edit-2-1CAL.jpg
DP0Q


塚本邦雄もクリスマスつながりといいたいのですが、「イヴ」はかなり苦しい「イーヴ」です。(汗)
 イエスゆらと無疵の腿のもの憂きを扉鎖(とさ)せわが黄色降誕祭(イエロウ・クリスマス)
 降誕祭、この夜ひそけき雑沓のみな低き黄の鼻ばかり 寧(やす)し
 老舗(しにせ)質店主耄碌 手稿本「酩酊船(バトー・イーヴル)」も流されたるか

昧爽(まいそう)の町

昨夜はむかしの友人との忘年会に尾鷲までいきました。
わがままのいえない日程だったので、夜明け前に1時間あまり散歩して10枚くらい撮影してきました。

塚本邦雄も夜明けの歌を選んで、
 われら母國を愛***し昧爽(あさ)より生きいきと蝿ひしめける蝿捕リボン
 熊本大江六丁目なる「音楽寺」イ調の粥の煮ゆる昧爽(よあけ)か
 牛乳(ミルク)待てる昧爽の町、かかる町世界にかずしれず明日知らず
 さらば百合若 驟雨ののちをやすらへる昧爽の咽喉ゆふぐれの腋

01LR-PF230224-Edit-1CAL.jpg
PEN-F 25mm

02LR-PF230178-Edit-1CAL.jpg
PEN-F 25mm

03LR-PF230209-Edit-2-1CAL.jpg
PEN-F 17mm

昧爽(まいそう)を検索すると「よあけ。あかつき。」とありました。
『百合若』は塚本邦雄の愛犬の名前だそうです。三島由紀夫のネコ派と好対照だと感じます。

第六次元の

今夜はむかしの友達と忘年会の予定なので、早めにブログを更新します。
写真のほうは、残りものに「福」があるという言葉を信じて、11月30日の桑名市「六華苑」をまたまたまたです。

塚本邦雄から「六」づくしで、
 きみの命脈なんでふ盡きむまぼろしの柩、六稜の星をかかげよ
 六白の雪をおもへばかまくらの沖うすずみの波の上の菊
 六藝(りくげい)の一つにきみは射(しや)をえらび碧瑠璃(へきるり)のわがこころの的
 星の秋ことばの秋やうつしみの六腑こころのほかのぬばたま
 みどりごの顳顬(こめかみ)、そこに第六次元の發信基地などあらぬ

01LR-DP2Q0832-Edit-2CAL.jpg
DP2Q

02LR-DP2Q0858-Edit-2CAL.jpg
DP2Q

03LR-PF309720-Edit-2CAL.jpg
PEN-F 42.5mm

塚本の「第六次元」の短歌は1997年発行の「汨羅変」の中の一首ですが、かれが「第六次元」という言葉をどこから引きずり出したのか気になりました。
彼は博学ですが、スピリチュアルや天文学に耽溺はしていないだろうと勝手に思い込み、検索結果の中から、S・S・ヴァン・ダイン「カナリヤ殺人事件」が源ではないかと想像しました。そう思うと、塚本はヴァン・ダインに親近感さえ持っていたのではないかとさえ想像がふくらんでいくのです。

田舎の

わたしの通勤路は田舎です。都会のイルミネーションに憧れます。
間引かれたニンジンや町内掲示板やちょこっとだけ咲いているスイセンが通勤者の見る景色です。
毎日つまらないなあ。(汗)

01LR-PC210004-Edit-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

02LR-PC210008-Edit-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

03LR-PC210038-Edit-2-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

04LR-PC210022-Edit-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

 ルソーの「田舎の結婚式」の犬黒くうづくまりわれの犬、卵色  (塚本邦雄)

鬼が笑ってもいい、その二

来年のカレンダー2月、3月分を厚顔にも作ってしまいました。(汗)

 冬はたそがれ一瞬薔薇色に炎えて神の癆咳(らうがい)鬼の霍亂(くわくらん)  (塚本邦雄)

0101LR6-P2144269-1cCALCAL.jpg
0202LR6-P2244638-1cCALCAL.jpg
03LR6-P3179670-Edit-2-9ccCAL.jpg
04LR-P3234816-Edit-1cCAL.jpg

キャパに供ふるシブ柿

ご近所の柿が美味しそうでしたのでパチリです。
シブ柿だったらスネ者のわたしにお似合いなんですけどね。(笑)

塚本邦雄
 死者なかんづくキャパに供ふる一塊の熟柿透きとほりて腐るまで
 身をまもるための黙(もだ)のみ干柿の種子透明の果肉をまとふ

01LR-PC080019-Edit-2-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

02LR-PF089753-1CAL.jpg
PEN-F 25mm

03LR-PC080013-Edit-2-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

虚構の春

  • 2018/12/18 21:18
  • Category: camera
年賀状の印刷がおわり、それぞれに一言書くところまできました。
不採用のほうの写真ですが試行錯誤の足跡ということで。
0205LR-PF028311-Edit-2OVCAL.jpg
0307LR-PB120063-Edit-2OVCAL.jpg

カメラは30歳代後半の使用機ゼンザブロニカSQAmと最近のミニチュアのキヤノン4sb。
亥は平成7年年賀80円切手デザインにも採用された飛騨高山手染ぬいぐるみです。

来年は己亥(つちのとい)だそうで、同じ己亥の昭和34年は皇太子明仁親王(今上天皇)と正田美智子さんが結婚された年と聞き感慨深い思いでした。
毎年「頌春」という賀詞にしているのですが、太宰治「虚構の春」に出てくる賀詞「頌春献寿」というのもいいかなあと迷いました。

こころよしまはだか

どうしても落葉から目が離せません。身につまされて、です。

塚本邦雄
 人をとことんまでうたがひてこころよし紅葉(こうえふ)散りをへて眞裸(まはだか)
 沈淪の夕映しばし來し方に金粉散らす枯葎あり

01LR-PC080386-Edit-2-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

02LR-PC080180-Edit-2-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

下ばかり見ていても、落葉のほかには50両入った財布が落ちていることもないので、目を上げてみました。
03LR-PC080347-Edit-1CAL.jpg
E-M5mk2 60mm

Pagination

Utility

プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
小学生のときオリンパスペンではじめた趣味はいつのまにか半世紀を超えてしまいました。

QRコード

QR