風におびえて

むしょうに、旅に出たい気持ちがつのります。
近づく台風の風におびえつつ、7年前の北海道で回想法です。

OvLR-EC001282-Edit-101.jpg
OvLR6-EC001091-Edit-102.jpg

Stairway

レッド・ツェッペリン「Stairway to Heaven」の盗作疑惑ニュースをみて、6年前にスライドショーを作ったことを思い出しましたが、ブログ2012年11月の動画へのリンクが切れていたので再度アップです。
いい素材(風景)を目前にしながら写真の拙さにガックリですが、懐かしいので回想法に役立ちそうです。



きょうは都合で早めに更新します。

つむじうづまく

ご近所のヒガンバナもそろそろ終りですので、わたしもハードディスクの残り物を大急ぎで吐き出すことにしました。
とはいっても残り物は残り物。それなりの写真です。(汗)
うしろめたいので小さめにして。

LR6-ED201650-Edit-1.jpg
E-M5mk2 50mm

LR6-ED201449-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

LR6-ED201430-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

非常に強い台風が近づいているとニュースが言ってます。無事を祈って、
 曼珠沙華花消えてのちわがひざにつむじうづまく君こそ阿難  (塚本邦雄)


新潮45が休刊と報じる記事にいくつかの”識者のコメント”が載ってました。
しかしそれを読んで、なぜ恫喝的な言辞を弄するのだろうと”識者”に憐れみを感じました。
自分の主義を自ら貶めているように見えました。

あああかねさす

なお不調つづきのパソコンと誰かさんの頭ということで、過日のヘリテージの二番煎じ、または重箱の隅です。(汗)

01LR6-ED201155-Edit-1.jpg
E-M5mk2 85mm

02LR6-DP2Q0341-Edit-1.jpg
DP2Q

重箱の「隅」つながりで、塚本邦雄の「すみ」。
 墨淡(うす)く七周忌志としたためきあああかねさす菫石鹼

コラッ

まだパソコンが不完全な状態なので、以前のトオヌップ・シリーズから一枚だけです。

LR6-EA295412-Edit-2-1.jpg

人工頭脳までも持ち主の脳に近づいて、ボケてきたようで元に戻りません。

写真まで老化してきたらどうしようとちょっと不安です。
コラッ、しっかりせいと自分を叱咤してます。

の一隅なるゴビ砂漠

コンピュータで連休中振り回されました。機械はどんどん賢くなるし人間はどんどんボケていくし、困ったものです。
せっかくの休日に引きこもり状態にされたので、と言い訳しつつ重箱の隅から。先日の亀山市坂本です。

01LR6-DP0Q2326-Edit-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q2339-Edit-1.jpg
DP0Q

03LR6-DP2Q0416-Edit-1.jpg
DP2Q

 文學の塵掃きすててなほわれの部屋の一隅なるゴビ砂漠  (塚本邦雄)

わすれねばゆめ知らぬ月あやふし

アマノジャクの虫が騒いで、ヒガンバナに飽きてしまいました。
かと言っても、毎度のことですが、「何撮ってるの?」の写真です。
針がねと農夫と台風でこわれたトタン屋根。

やっぱり自己中心的世界観に脳が支配されているのでしょうか。
それならば、かの国のリーダーと同じだ。(汗)

01LR6-DP2Q0401-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP0Q2296-1.jpg
DP0Q

03LR6-ED201415-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

中秋の名月だそうですので塚本邦雄のちょっとひねくれた”月”の歌で、
 月はのぼる紫紺の空に忘れねばわすれねばこそ思はずナチス
 スープの皿に針沈みつつゆめわれら知らぬアンダルシアに月照る
 水の上に橙黄(たうくわう)の月のぼらむとあやふし わがおとうとなる耶蘇(イエス)

彼岸の

一昨日の写真の二番煎じです。
一昨日は雨でしたので、光が射さないもののきっと水滴が私を助けてくれるだろうと、
40年も昔のカメラについていたズイコー50mm(G.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.4)を持ち出しました。
優等生のレンズよりも魅力的です。

01LR6-ED201666-Edit-1.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR6-ED201683-Edit-1.jpg
E-M5mk2 50mm

 共犯のこころあるべし水涸るる彼岸のダリの天牛蟲(かみきり)の髭  (塚本邦雄)

老麗

あれやこれやと整理がつかずますます混乱してしまって時間ばかり経過していきます。歳のせいかなぁ。

 老麗(らうれい)てふことば有らずば創るべし琥珀(こはく)のカフス釦(ボタン)進上  (塚本邦雄)

亀山市坂本。
01LR6-ED201517-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

02LR6-ED201586-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

LR6-ED201466-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

而(しかう)して再(ま)た

朝から雨です。彼岸花がいっせいに咲いています。

政治ニュースを見ながら塚本邦雄を引用したら、
 而(しかう)して再(ま)た日本のほろぶるを視む 曼珠沙華畷の火の手
 われもまた衆愚の一人おろおろと後退りしつつ見し曼珠沙華

01LR6-ED201658-Edit-1.jpg
E-M5mk2 50mm

02LR6-ED201671-Edit-1.jpg
E-M5mk2 50mm

03LR6-ED201644-Edit-1.jpg
E-M5mk2 50mm

ニュースと言えば少し前に、「豚コレラ」をアナウンサーが「とんコレラ」というのを聞いて一瞬間違いではないかと思いましたが、新聞にも「とんコレラ」とルビがふってありました。
ずっと「ぶたコレラ」だと思っていましたが、牛コレラは「ぎゅうコレラ」、犬コレラは「けんコレラ」、猫コレラは「にゃんコレラ」かと、独り言をいう図はまる子のおじいちゃんそのものです。
でも鳥インフルエンザは「とりインフルエンザ」で「ちょうインフル」ではありません。何故なんでしょう。
まる子のおとうさんなら、鳥を「とり」というのはチフスのとき困るからさ、と訳知り顔で言うんだろうなあ。

ヘリテージ

脳の退化につれてやたらと過去がなつかしく、とうとう出生以前の記憶さえ思い出されてくるようです。

大正5年(1916)建設の旧「明(あけ)村役場庁舎」(現津市芸濃町)です。
一階が役場、畳敷きの二階が議会場だったそうで、議会が終わるとそのまま酒の場になったそうです。

01LR6-DP0Q2255-Edit-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q2266-Edit-1.jpg
DP0Q

03LR6-ED201178-Edit-1.jpg
E-M5mk2 85mm

時計のねぢ巻くと

きのうきょうの写真は亀山市坂本で撮りました。

01LR6-ED201555-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

LR6-DP2Q0440-Edit-2-1.jpg
DP2Q

 明日へあるひは過去へ時計のねぢ巻くとわが指に夜の蕺藥(どくだみ)臭ふ  (塚本邦雄)

ひかりもてつなぐ内と外

いつも撮影に誘ってくれる友人はヒガンバナ大好きです。
毎年の開花日と気温を記録しているということですが、その開花予想を私はあまり信用していません。
わたしは何でもいいから写真が撮れればいいのです。

 きずつきし蜥蜴が鈍きひかりもてわがうちととほき外部をつなぐ  (塚本邦雄)

01LR6-ED201495-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

02LR6-ED201597-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

わたしはお前が嫌い。でも、出会ってしまったら撮るしかない。
動くなよ、こっちへ来るなよ。絶対動くなよ。じっとしてろよ。

これ以上近づいて撮る勇気がありません。
へっぴり腰でPASHA!
写真でも怖いから小さなサイズでアップです。
03LR6-DP2Q0427-Edit-2-1.jpg
DP2Q

百-白+日は目

きょうは何色はタブーです。セクハラに注意です。
きょうの私は白です。

LR6-ED201195-Edit-1.jpg
きのう撮ったソバの花は白  E-M5mk2 135mm

LR6-ED201301-Edit-1.jpg
きょう撮った鳥の羽根は白  E-M5mk2 135mm

塚本邦雄も”白”で、
 遠き訃にこころさわぎて白珠の秋百日の果て近きかな
 秋の焔の白き一滴 鐵棒の鐵ひややかに靑年を吊る
 君よわれにひたとよりそへ秋がもう白々とうしろ見する頃なり
 かなしけれ白夜(びやくや)白衣(びやくえ)の白虎隊(びやくこたい)百夜(びやくや)の媚藥(びやく)ひらく白蓮(びやくれん)

今日だけはそれなりに写っていてほしいです。

はじめに視しもの

ヒガンバナを見ました。去年も行った津市安濃町です。

LR6-ED201242-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

このブログを訪問していただいた方々のブログには既にヒガンバナが美しく撮られて上げられていて気後れします。
でも旬ですからと、去年も同じようなことを言っていたような。

 曼珠沙華われらはじめに視しものは言葉、こころを離(か)れなむことば  (塚本邦雄)

LR6-DP2Q0379-Edit-2-1.jpg
E-M5mk2 135mm

Pagination

Utility

プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
小学生のときオリンパスペンではじめた趣味はいつのまにか半世紀を超えてしまいました。

QRコード

QR