終焉は近からむ

節分の写真を撮り損ねて、10日前の写真でお茶を濁すことに。

001-LR-P1230125-Edit-5-.jpg
m.zuiko 60mm 2.8 macro
002-LR-P1230100-Edit-2-5-.jpg
m.zuiko 60mm 2.8 macro

雑誌が、ことに写真の雑誌が廃刊になっていく季節に、新しい雑誌『写真』を出したふげん社サイトの連載から新納翔(にいろ・しょう)「第18回 来るべき2045年 人口知能が写真家を駆逐する日」の一部を引用します。

一つ私の立場を明確にしておくと、デジタル時代になった頃から写真という媒体に終わりが近づいていると考えている。4K、8Kと動画がどんどん高解像度になり、シャッタースピードの問題などもやがて解決され、動画から切り出された静止画で十分なクオリティのデータが取り出すことが出来る時代が絶対やってくるだろう。別に現場でシャッターを押す必要がなくなるに違いない、いわば決定的瞬間の消失が起きると予期している。

あと10年もすれば人力で行くのが難しい険しい現場でもドローンで撮影した動画から美しいプリントを作り出す技術ができていてもなんらおかしくないのだ。


同感!
そのうえで、「名作」といわれる写真は残るのでしょうか。「記念写真」は、「その他大勢」の写真は、「自己満足」の写真は。
きのう、「写真集の本 明治~2000年代までの日本の写真集662」(カンゼン)が届いて、パラパラしながら思いました。

 終焉は近からむ若き幾人(いくたり)か春ふけて羽蟻の群にまじりし   (塚本邦雄:透明文法)

おしだまり

きのうの写真よりもさらに一年前の近江日野で。

001-LR-P2151871-Edit-5-.jpg
002-LR-P2151916-Edit-5-.jpg

写真を撮った場所は塚本邦雄の生地に近いので、
 刎頸の友が神(しん)病みふるさとの伊豆の安良里におしだまりゐる   (塚本邦雄:詩魂玲瓏)

昏れて明るき

長浜の記憶なお。

LR-EC007911-Edit-5.jpg

やはり加賀乙彦の記事は磯崎新同様あまり出てきません。
彼は生前鴎外記念館名誉館長だったそうです。2020年9月の館報に「カミュの『ペスト』を久しぶりに読む」を書いていました。当時90歳!

ところで私はカミユの諸著作を次々に読みながら、何か物足りない気持にもなった。・・・カミュは、文章力は一涜かも知れないが、
作品の視野が狭いのだ。・・・ヨーロッパ支配の終鳶をどこかで示す術写がほしかったと思う。


この歳にして破綻のない文を書けることに驚きつつ、論理の展開に老化を感じます。
カミュと加賀の間に16年の年齢差があり、それに伴った戦争体験の差を感じざるを得ません。加賀はアプレゲールです。

 花胡桃(はなくるみ)昏れて明るきそのかみやわが死甲斐のアルベール・カミュ   (塚本邦雄:閑雅空間)