きらめけり春

 東近江市政所の教宗寺のしだれ桜を16日(日)に撮りました。
LR6-_F164541-4.jpg
このお寺で一本だけのサクラです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164485-4.jpg
参道の先に見えます。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N161991-4.jpg
本堂の前に立ってます。 Helios 85mm f1.5

04LR6-_F164641-4.jpg
レース編みを見ているような。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 この教宗寺は昨秋にも来て紅葉の美しさが際立っていました。
 また訪れた境内にあったサクラはわずか一本でも見ごたえがあり、レース編みのような柔らかさに見とれましたが、昨日の反省の通りにせっかくの美しさをうまく掬えませんでしたので、4枚アップして数で補うことにしました。(汗)

塚本邦雄
 馬の皓齒きらめけり春あかときのわれの頂(うなじ)をざつくと嚙め   (風雅黙示録)

かずしるす

 サクラを追っていたら春祭りに出会いました。観光案内やマスコミ報道にでるような有名なものではないと思いますが(失礼)、村落をあげて祝っている様子が伝わってくる素敵な祭でした。
01LR6-_F164849-4.jpg
ことしは豊年でしょう。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164891-4.jpg
かつぐのは新しい方で、古い方は神殿前に。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_N162107-4.jpg
さくらの村。 Helios 85mm f1.5

 サクラばかり続く4月ですが、少しは進歩したのかとブログの過去の写真を見ながら、それぞれの年の『代表作』を選んで比べてみたら、ちっとも進歩していないことが確かめられました。(笑)
 そのうえ、名のあるサクラを撮ったものは、どこかで見たような写真になっていました。(汗)
 わたしは美しいものを美しく撮るのが下手なのだと、これも再確認しました。

 引用はイースターエッグを思い出して、
塚本邦雄
 アルバトロスの卵の殻に皇帝は落胤の名かずかずしるす   (水葬物語)

花おほかた

 サクラばかりですが。
LR6-_F164735-1.jpg
田植えも近いのかな。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

LR6-_F053699-1.jpg
ボケの中にピントを合わせ。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 花おほかた白くうつろふ夜々をなほぬめぬめと吾が手足の脂   (歌誌『木槿』1947 12月号)

 歌誌「木槿」のこの号は作者が結婚を間近にひかえた心情を想像させる歌が並んでいて、12月ということからしても歌の中の「花」はサクラではないのかもしれません。

受難劇果て

 きのうは三重と県境を接する滋賀の山里でした。
 永源寺ダム湖で、飽きることなくまだサクラを撮りました。
LR6-_F164937-1.jpg
ちょっと手ブレ。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F164925-1.jpg
まぶしくて。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

03LR6-_N162304-1.jpg
目がまわる。 Helios 85mm f1.5

 きょうは昼ごろから冷たい雨で、きのうの晴天と打って変わった天気です。午後になって風も強まってきましたから、これでサクラも散ってしまうのかもしれませんが、写真の方はしばらくサクラばかりになりそうです。


塚本邦雄
 金屏風四人がかりではこび出す女童(めわらは) 受難劇果てたれば   (黄金律)

 4人の女童が、お姫様と三人官女だとすると季節がひと月ずれてますが、受難劇が果てれば次に来るのは復活かと思って、引用しました。
 金屏風は結婚式の道具なのでしょうから、お雛様を新婚夫婦として、結婚を受難と言ったのかもしれませんが。

まずわれら生きかえり

 脳トレがわりにお昼ご飯のあとでカメラをもって散歩しました。
01LR6-_R668219-1.jpg
入部希望者は部室へどうぞ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668282-1.jpg
広葉樹も春のよそおい。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668365-1.jpg
教室の椅子が見えてます。 Helios 85mm f1.5

きょうは復活祭と聞いて、
塚本邦雄
 復活祭まづわれら生きかへりたき薄明にこの香る菊苗   (日本人靈歌)