すみれ、まみれ、灰まみれ

きょうは、高宮町の散歩写真の落穂ひろいです。(汗)
ほんとうは重箱の隅どころか、クズ籠に入っているようなしろものです。
ダメな理由は、ワンパターンだからです。
原因はきっとわたしの肉体的問題、脳みその劣化です。

01LR6-DP2Q2739-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q2724-Edit-4-1.jpg
DP2Q

03LR6-P3295573-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

04LR6-DP0Q1765-Edit-1.jpg
DP0Q

ところが塚本邦雄の短歌で「落穂ひろい」を探しても見つけ損なったので、しかたなく「ミレー」で、

 神の目もすみれいろとや郵便車より戀文の束ころげ落つ
 ほろびたる心霜月淼淼(べうべう)と木犀は花にまみれて立てり
 卵食ふ時も口ひらかず再度ヒロシマひろびろと灰まみれ

木花咲耶姫

高宮神社で撮りました。
祭神のひとりはコノハナサクヤヒメだそうで、かの海幸山幸兄弟の母上です。

 海彦は水葱少女(なぎをとめ)得て霜月のうらうらととほざかりし白帆  (塚本邦雄)

季節が全然違うので、おかわりも、
 兄弟落第春夜悲哀の領分を極彩古地圖もてへだてたり  (塚本邦雄)

01LR6-DP0Q1794-Edit-1.jpg
DP0Q

02LR6-P3295555-1.jpg
PEN-F 135mm

03LR6-P3295553-1.jpg
PEN-F 135mm

レクイエム

200人以上の犠牲者をだした熊本地震から2年たちました。
地震で生活を一変させざるをえなくなった多くの方々に、せめて今日一日は思いをはせたいと思います。
LR6-_RD27023-Edit-1.jpg

 兩岸にレクイエムの響(な)る河をゆく船、たそがれて薊色の帆  (塚本邦雄)


LR6-P4015914-1.jpg
PEN-F 135mm

LR6-P4015863-Edit-1.jpg
PEN-F 135mm

カッコウにとらわれる

むかしの写真家の写真をあきずに繰り返し見ています。
好きなマン・レイにとりつかれて、とうとう、
きのうと同じ高宮町をソラリゼーションという古くさい技法で。

他人が持っているものがすぐに欲しくなり、かっこいいと思うところはマネしたくなるのは、むかしからかわらない私の性格です。

たとえば、高校時代に不便をしのんでブックバンドで登校していました。
01LR6-DP2Q2791-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP2Q2806-Edit-2-Edit-1.jpg
DP2Q

03LR6-DP0Q1784-Edit-1.jpg
DP0Q

化粧川

化粧川とは粋な名前だと感じました。
古い地名はいいなあと思うのは古い人間でしょうか。
歌人の塚本邦雄のように地名に偏愛的嗜好は持ちませんが、物語を想像させる名前には興味をそそられます。

近江高宮はきれいな水が流れていました。
01LR6-DP0Q1750-1.jpg
DP0Q

02LR6-DP0Q1748-Edit-1.jpg
DP0Q

03LR6-DP0Q1789-1.jpg
DP0Q

04LR6-DP0Q1792-1.jpg
DP0Q

05LR6-DP2Q2772-Edit-1.jpg
DP2Q

化粧川の由来が書かれた看板さえ奥ゆかしく思われました。
LR6-DP2Q2809-1.jpg
「現在の犬上郡多賀町久徳にいた久徳城主久徳氏の姫が高宮城主高宮三河守に輿入れの際の持参金ならん持参水であって、昔から水利の悪い高宮での姫の化粧の水に不自由させないための久徳城主の親心から引かれた川だとのいいつたえである。
後世の甚だしい水争いを生んだ赤田井が伝えるごとく、わが高宮の灌漑の水に主として片川、それも久徳あたりからとったことを考えると、これもまた、当時の常套手段であった戦略結婚の一種とみられなくもない。」

水が欲しかったから結婚したというのはあまりにも現実的ではないですか。プンプン。