この世水無月水あふれ

 低迷している自分の写真を反省して、きょうは山女原とその付近の神さま仏さまにお祈りです(汗)。
03LR6-_F280216-5.jpg
この広さを独占するお地蔵さま。 M.ZUIKO 25mm F1.2

01LR6-_F280055-5.jpg
山女原の上林神社で。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F280029-5.jpg
甲賀市笹路(そそろ)の三子神社で。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 はやくも6月と聞いて、わけもなく焦る気持ちがわき出でて。
塚本邦雄
 半夏咲くこの世水無月水あふれ渺(べう)たり蛇を初めて見し日   (靑き菊の主題)

なみだぬぐいて

山女(あけび)原を散歩中です。
01LR6-_E288087-5.jpg
畦の雑草だって美しい。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F280087-5.jpg
あざみって好きですよ。 M.ZUIKO 25mm F1.2


塚本邦雄
 豊饒の麥秋、水呑百姓が咳ぐすり嚥むなみだぬぐひて   (日本人靈歌)

03LR6-_F280163-5.jpg
壁の道具を見るとこの家の人も働き者だ。私には真似できない。 M.ZUIKO 25mm F1.2

赤をたぐえて

あけび原(あけんばら)を散歩です。
きょうのテーマは赤(レッド)です。
02LR6-_F280191-5.jpg
赤いトタンはわたしの大好物。 M.ZUIKO 25mm F1.2

01LR6-_F280136-5.jpg
青いゴジラがいる訳ではありません。赤い郵便屋さん。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_E288117-5.jpg
失敗作ですがフレアが赤いので(汗)。辺りにわらしべは落ちてないか。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 この七赤は、漢字のイメージを借用して、暦にも陰陽道にも無関係と思うのですが、渇き死、ホタル、環、恋が頭の中でつながりません。知識不足でイメージがまとまらないままに、写真もちょっとまとまりを欠いていますが。

塚本邦雄
 渇き死にし螢刺しつらねて環(わ)とすその七赤(しちせき)を戀にたぐへて   (花劇)

 記念写真も一枚入れて説明文代わり。
04LR6-_F280122-5.jpg
りっぱなバス停。赤い消火器。 M.ZUIKO 25mm F1.2

山色清浄

 テーマは「みどり」ということで。
 場所は滋賀県土山町あけび原という山里で、漢字で山女原と書くそうですが、とても「あけび」とは読めません。
01LR6-_F280046-5.jpg
まず山の神社へお参りして青もみじを見つけました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F280180-5.jpg
あちこちに点々とちいさな茶畑が。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 新緑も一日一日と色を濃くしていくように感じます。
塚本邦雄
 あつものに映りてわれの口赤し「山色淸淨心」戀ふれども   (花劇)

03LR6-_E288048-5.jpg
川にみどりが映っていて、ピントは合わせたつもりですが。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

花ついに散るや散らずや

 きのうと同じサクラですが、きょうはピンボケのサクラばかりです。(汗;)
LR6-_F164532-1.jpg
ツバキあります。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164619-1.jpg
いたずら。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F164603-4.jpg
勝手に撞いてはいけません。 SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
 花つひに散るや散らずや舊(ふる)き戀よみがへるべきぬばたまの闇   (源氏五十四帖題詠)

きらめけり春

 東近江市政所の教宗寺のしだれ桜を16日(日)に撮りました。
LR6-_F164541-4.jpg
このお寺で一本だけのサクラです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164485-4.jpg
参道の先に見えます。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N161991-4.jpg
本堂の前に立ってます。 Helios 85mm f1.5

04LR6-_F164641-4.jpg
レース編みを見ているような。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 この教宗寺は昨秋にも来て紅葉の美しさが際立っていました。
 また訪れた境内にあったサクラはわずか一本でも見ごたえがあり、レース編みのような柔らかさに見とれましたが、昨日の反省の通りにせっかくの美しさをうまく掬えませんでしたので、4枚アップして数で補うことにしました。(汗)

塚本邦雄
 馬の皓齒きらめけり春あかときのわれの頂(うなじ)をざつくと嚙め   (風雅黙示録)

かずしるす

 サクラを追っていたら春祭りに出会いました。観光案内やマスコミ報道にでるような有名なものではないと思いますが(失礼)、村落をあげて祝っている様子が伝わってくる素敵な祭でした。
01LR6-_F164849-4.jpg
ことしは豊年でしょう。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F164891-4.jpg
かつぐのは新しい方で、古い方は神殿前に。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_N162107-4.jpg
さくらの村。 Helios 85mm f1.5

 サクラばかり続く4月ですが、少しは進歩したのかとブログの過去の写真を見ながら、それぞれの年の『代表作』を選んで比べてみたら、ちっとも進歩していないことが確かめられました。(笑)
 そのうえ、名のあるサクラを撮ったものは、どこかで見たような写真になっていました。(汗)
 わたしは美しいものを美しく撮るのが下手なのだと、これも再確認しました。

 引用はイースターエッグを思い出して、
塚本邦雄
 アルバトロスの卵の殻に皇帝は落胤の名かずかずしるす   (水葬物語)

花おほかた

 サクラばかりですが。
LR6-_F164735-1.jpg
田植えも近いのかな。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

LR6-_F053699-1.jpg
ボケの中にピントを合わせ。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 花おほかた白くうつろふ夜々をなほぬめぬめと吾が手足の脂   (歌誌『木槿』1947 12月号)

 歌誌「木槿」のこの号は作者が結婚を間近にひかえた心情を想像させる歌が並んでいて、12月ということからしても歌の中の「花」はサクラではないのかもしれません。

受難劇果て

 きのうは三重と県境を接する滋賀の山里でした。
 永源寺ダム湖で、飽きることなくまだサクラを撮りました。
LR6-_F164937-1.jpg
ちょっと手ブレ。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_F164925-1.jpg
まぶしくて。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

03LR6-_N162304-1.jpg
目がまわる。 Helios 85mm f1.5

 きょうは昼ごろから冷たい雨で、きのうの晴天と打って変わった天気です。午後になって風も強まってきましたから、これでサクラも散ってしまうのかもしれませんが、写真の方はしばらくサクラばかりになりそうです。


塚本邦雄
 金屏風四人がかりではこび出す女童(めわらは) 受難劇果てたれば   (黄金律)

 4人の女童が、お姫様と三人官女だとすると季節がひと月ずれてますが、受難劇が果てれば次に来るのは復活かと思って、引用しました。
 金屏風は結婚式の道具なのでしょうから、お雛様を新婚夫婦として、結婚を受難と言ったのかもしれませんが。

致死量の

塚本邦雄
寒泳の靑年の群われにむきすすみ來つ わが致死量の愛   (綠色研究)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

一月末。
01LR6-_N288714-1.jpg
師の影を踏まず。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

フリーエリア
プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
2016年4月27日から復興を願う気持ちをこめてアイコンをくまモンに変えています。

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター