おかえりなさい

 ネモフィラのあるメナード青山、続きです。
02LR6-_5210062-1.jpg
野外カフェの庭で。 SUMMILUX 15mm F1.7

01LR6-_5210102-2.jpg
物置小屋の前で。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_5210189-1.jpg
黄色いケシの列らしい。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 鸚鵡が人の言葉を忘れてしまふからまつすぐ家(うち)へお歸りなさい   (黄金律)

 TVニュースを見て、飼い主の言葉しか発せられない鳥を想像しました。

記憶のそれのみ

 ネモフィラを撮りに行って、違う花撮って名前が分からない繰り返しですが、何でもいいから写真を撮れれば満足です。
01LR6-_5210025-3.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210032-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_5210021-3.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 百合の木を植ゑし記憶のそれのみに過去(すぎゆき)の一部分明るし   (感幻樂)

明日のわれに逢ふべし

 メナード青山へ行った主目的はこれを撮るためでした。
ネモフィラのお花畑です。
 今回は持参するレンズを重量で選んだので不満な結果でしたが、写真に撮れなかった実物の景色には大満足でした。
01LR6-_5210200-3.jpg
う~ん、花畑に入ってみたい。 M.ZUIKO 75mm F1.8

03LR6-_5210157-3.jpg
記録写真です。  M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_5210209-3.jpg
家族連れとアベックばかりでした。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 花の種類が違いますが、花という属性は同じなのでまあいいかと、いい加減なものです。
塚本邦雄
 明日(あす)は明日のわれに逢ふべし兩頬をしとど濡らして剪るかきつばた   (感幻樂)

青春は一瞬

 メナード青山のハーブ・ガーデンは、広い敷地にカモミールやラベンダーなどさまざまな草花が植えられていて見飽きることがありませんでした。いつもはこの時期に開花するカモミールが今年は遅れているそうです。
 きょうも名前不詳の花ですが。
01LR6-_5210420-3.jpg
ネギの花に似ているのですが。 SUMMILUX 15mm F1.7

02LR6-_5210390-3.jpg
周りの景色から浮かび上がるように。 M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
 靑春は一瞬にして髭けむるくちびるの端(は)の茴香(うゐきやう)の oui!   (感幻樂)

04LR6-_5210399-2.jpg
繊細な細工に見とれ。 M.ZUIKO 75mm F1.8

誰にも聞こえぬ声

 きのうのハーブガーデンにはさまざまな花があったのですが、名札を見てこなかったので、鉄線に似たこの花の名前も不詳です。
01LR6-_5210289-2.jpg
花が見下ろしている。 SUMMILUX 15mm F1.7

02LR6-_5210299-2.jpg
見上げれば上下左右は無くなって。 M.ZUIKO 75mm F1.8

03LR6-_5210314-2.jpg
どちらが上でどちらが下か。 M.ZUIKO 75mm F1.8

塚本邦雄
 朴の花中有(ちゆうう)ににほひ夭折の死のきはのこゑたれにも聞えぬ   (汨羅變)

うちにひびかう初夏

 3週間ぶりの撮影にメナード青山リゾート・ハーブガーデンへ行ってきました。
 写真を撮っていると今月初めに傷めた脚の痛みも忘れて夢中でしたが、カメラの設定がほとんど初期化されていたのには困りました。レンズも重いHELIOSやFisheyeは止めて、軽量スタイルで試運転です。

04LR6-_5210044-2.jpg
ハーブガーデンでお茶を。 SUMMILUX 15mm F1.7

01LR6-_5210231-2.jpg
咲くケシははるか。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

LR6-_5210258-2.jpg
4本の木の下で。 M.ZUIKO 75mm F1.8


塚本邦雄
 遁走曲(フーガ)われのうちにひびかふ 初夏(はつなつ)の涸れしプールの底あゆみ來て   (日本人靈歌)

しびれるばかりの初夏

 暑さもいいかげんにしてほしい一日でしたが、夜になるとさわやかなのは真夏とのちがいでしょうか。
 写真の方はいまだに晩春のままです。
01LR6-_N242825-2.jpg
せめて色だけでも五月。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_F245337-1.jpg
ミツマタにあきあきですか。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F245234-1.jpg
みつまたデルタ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 写真が季節に追いつかないので歌の方でつじつまを合わせる厚顔。

塚本邦雄
 靑年が手に穿きて視るスパイクの釘光り痺(しび)るるばかり初夏(はつなつ)   (日本人靈歌)

きのふの空や

 口をつぐんで4月末の美杉村をもういちど。
01LR6-_F245362-2.jpg
谷はミツマタが咲き乱れて。 SUMMILUX 15mm F1.7

02LR6-_F245349-1.jpg
杉林の樹間で。 SUMMILUX 15mm F1.7

03LR6-_F245188-1.jpg
七重八重花は咲けども山吹の。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 ミツマタも山吹も春の花だそうですから季節はずれもはなはなだしいと、せめて引用する方は夏の花にして。

塚本邦雄
 花桐のきのふの空や喪の族に   (社内報「またいち」一号 昭和24年8月)
 アマリリス一夜水夫の寝て去りゆき   ( 〃 )

劣れる我

 5月は一日に津島で撮ったきりなので、きょうは4月末の写真でお茶を濁すことにして。
01LR6-_N242630-1.jpg
新しい芽吹きがまぶし。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_F245129-1.jpg
花壇でもなく植えられているのが美しく。 M.ZUIKO 25mm F1.2

塚本邦雄
 神々に劣れる我が情なくアネモネ畑をはだしで飛び出す   (歌誌『木槿』1947 4月)

五月来る

 もう五月。歩き続けているのに前進していると感じられない掻痒感に落ちこみますが、面の皮を厚くして、食傷気味のミツマタを続けます。
 わたしは、続ければいつかは光が見えると信じています。
01LR6-_N242751-3.jpg
お~い出てこい。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_F245239-3.jpg
地上のホシ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_N242658-3.jpg
見られている。 Helios 85mm f1.5

塚本邦雄
 五月來る硝子のかなたに森閑と嬰兒みなころされたるみどり   (綠色研究)

フリーエリア
プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
2016年4月27日から復興を願う気持ちをこめてアイコンをくまモンに変えています。

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター