無染(むぜん)の花月

 美杉村のミツマタ群生が今回の撮影行の主目的でした。
01LR6-_F245289-1.jpg
魔法のじゅうたんを広げ。 SUMMILUX 15mm F1.7

LR6-_F245283-1.jpg
盛りのときは過ぎても。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_N242744-3.jpg
もう匂わないけれど。 Helios 85mm f1.5

 塚本邦雄「翠華帖」は俳句と短歌の組合せ「句歌双咲」を集めたもので、今日引用したのも「四月 夕雨」というテーマの一組だそうですが、「花」はサクラという訳ではないようですので、ミツマタも許してもらうことにしました。(汗)
塚本邦雄
 華(はな)やかに夕雨煙(けぶ)る男(を)の子らは死しても花月(くわげつ)無染(むぜん)の花月   (翠華帖)
 驟雨甘し喝食(かつしき)に花ぬすませて   ( 〃 )

ねがいとおそれ

 美杉村のミツマタにもどって。
01LR6-_F245222-3.jpg
山林には軽トラがよくにあう? KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F245297-3.jpg
灯るように。 SUMMILUX 15mm F1.7

塚本邦雄
 受胎せむ希ひとおそれ、新綠の夜夜妻の掌(て)に針のひかりを   (水葬物語)

LR6-_F245328-3.jpg
なお光りつつ。 SUMMILUX 15mm F1.7

したたらすにほひ

 ミツマタを撮りに行って八重桜に会いました。とはいえ、一枚目はゴチャゴチャしてそれとは分からないのですが。(汗)
LR6-_F245406-3.jpg
私にはそれが見えるけど。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F245408-2.jpg
カラーは偉大だと知りました。 M.ZUIKO 25mm F1.2

LR6-_N242617-3.jpg
木の方が傾いているのか私が傾いているのか、それが問題だ。 Helios 85mm f1.5

LR6-_N242839-3.jpg
あの遠くの植林された山の斜面を見ていました。 Helios 85mm f1.5

はなむけの季節は終わりましたが、自分に甘く大目にみることにして引用しました。
塚本邦雄
 詩歌をつひの贐(はなむけ)とせむ 絕唱がしたたらす鮮血のにほひも   (約翰傅偽書)

花ひそかに

 美杉村で撮ったミツマタ(三椏)の写真をつづけます。
01LR6-_F245215-2.jpg
ふり仰げば林道わきにミツマタ。 KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_N242652-2.jpg
水底深く、昼なお暗く。 Helios 85mm f1.5

ミツマタは和紙の原料とは聞いていましたが、万葉集の昔からあったことは知りませんでした。幸草(サキクサ)などと呼ばれていたと初めて知りました。縁起のいい花なんですね。

塚本邦雄
 風媒花ひそかに暗き果(み)を胎(やど)すしきりに冷ゆる夜の荒地にて   (装飾樂句)

 さいごはきのうの写真を撮った名松線比津駅ちかく。
03LR6-_F245062-2.jpg
名松線比津付近で。 M.ZUIKO 25mm F1.2

さきのさきの世

 美杉村へ行った目的はミツマタの写真でしたが、花はすでに盛りを過ぎていましたので、モノクロームでごまかして。
01LR6-_F245036-2.jpg
お茶畑にミツマタが一本。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_N242464-1.jpg
バックのぐるぐるボケはこのレンズのクセ。 Helios 85mm f1.5

 何を撮ったとたずねられても何も答えられない写真ですが、わたしの趣味なんです。

03LR6-_F245052-2.jpg
答えのない景色。 M.ZUIKO 25mm F1.2

静かな山里の中に身を置いているというだけで、気持ちがやすらぎました。何を撮ろうとかどう撮ろうかとかなどと考えずに、シャッターを切るのが快感でした。

塚本邦雄
 あざらけく夕ぐれかをる獨活(うど)一把刻みをりさきのさきの世も妻   (黄金律)

眩(くるめ)く点

 ロシアンレンズが壊れていました。Helios 85mm f1.5のマウントアダプター部分のメス側が壊れてレンズがボディから落ちそうになっているのに気づきました。きのうのピンボケ大量発生の原因はこれのようです。さすがロシア製です。(怒)
 気を取り直して、別のレンズで撮った2枚で心の動揺を鎮めようとしていますが、これはこれで不満足な結果に自分自身に怒りがわきます。(笑)
01LR6-_F245032-5.jpg
きのうの目的はミツマタでした。名松線比津駅。 M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F245041-1.jpg
映画「神去なあなあ日常」舞台の美杉村は林業が盛んです。 M.ZUIKO 25mm F1.2

 写真とは無関係ですが、ピンボケで目が回るような写真ばかりなので、
塚本邦雄
 つばくらのむかし眩(くるめ)く 點鬼簿のはじめ矢車剣之介など   (されど遊星)

それぞれに色さえ

 なお重箱の隅からです。
01LR6-_N081381-3.jpg
トンネルだよ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_N081241-4.jpg
水たまりはハート形。 Helios 85mm f1.5

 きのうの「夢はゆめ・・・」の歌の『須磨』つながりで、
塚本邦雄
 合はすべき繪のそれぞれに色冱(さ)ゆれあたりを拂ふ須磨の繪日記   (源氏五十四帖題詠)

03LR6-_N081230-3.jpg
いい身体ですねえ。 Helios 85mm f1.5

 やっぱり重箱の隅にはろくなものものがないので、数で勝負することにして、追加しましたが、つつきすぎて重箱の底に穴が開きそうです。(汗)

01LR6-_F053761-1.jpg
お手入れもします。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F053815-4.jpg
ハナダイコンは食べられるのでしょうか。 Helios 85mm f1.5

まずわれら生きかえり

 脳トレがわりにお昼ご飯のあとでカメラをもって散歩しました。
01LR6-_R668219-1.jpg
入部希望者は部室へどうぞ。 Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668282-1.jpg
広葉樹も春のよそおい。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668365-1.jpg
教室の椅子が見えてます。 Helios 85mm f1.5

きょうは復活祭と聞いて、
塚本邦雄
 復活祭まづわれら生きかへりたき薄明にこの香る菊苗   (日本人靈歌)

知らず

 まだ見あきるには程遠い今年のサクラですが、浮気心もあって、きょうは散歩の途中で撮ったミモザで。
01LR6-_R668115-1.jpg
花曇りの空模様です。  Helios 85mm f1.5

02LR6-_R668131-1.jpg
サクラにもご挨拶。 Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668174-1.jpg
けっこうな大木なんです。 Helios 85mm f1.5

 もうじき復活祭と聞いて。
塚本邦雄
 イェルサレムに蘇りたる人の名を知らず。われらに晩餐の獨活(うど)   (装飾樂句)

 ことしのサクラはもっぱらHelios 40-2 85mm f/1.5で撮っていますが、やわらかい描写が気に入っています。最近買った新品なのに、届いた製品は2年前に製造が終わった旧タイプで、通販のページにマイクロフォーサーズマウントと書いてあったにもかかわらず、M42マウントにマウントコンバーターでm4/3に変換したしろものでした。
 それでもロシアから半月かけて届いた品がちゃんとカメラにセットできただけでも良しとすべきかな、と思っています。マウントコンバーターがプラスチック製で、マウント部がガタガタしても、ねじマウントのM42らしく無限遠にピントが来なくても、とりあえず写真が撮れるのでOKです。
 レンズ構成はガウス型らしいのですが、コマ収差は気になりません。ほんとうはゾナー・タイプのレンズがほしいのですが、3枚のレンズを貼り合わせるのは技術的に難しいし、偏心しやすいので今風ではないのでしょうね。

なに思いけむ

 ご近所散歩中です。
 (きょうは外出して帰宅がおくれそうなので、早めの更新です。)
02LR6-_F053405-2.jpg
Helios 85mm f1.5

04LR6-_N081110-3.jpg
Helios 85mm f1.5

03LR6-_R668047-3.jpg
Helios 85mm f1.5

 4月は桜もちとなに思いけむ。
 たんぽぽコーヒーという手もあります。

塚本邦雄
 夕べは春となにおもひけむ血のにほひうすき抱卵の啞ほととぎす   (感幻樂)

01LR6-_F053833-2.jpg
Helios 85mm f1.5