まぶたのうらに緑金(りょくこん)の

またこっそりと”杠葉尾の紅葉”にもどってます。

 紅葉(こうえふ)は瞼のうらに綠金(りよくこん)の翳とどむるを「無かりけり」とぞ  (塚本邦雄)

LR-PA270301-Edit-2.jpg
E-M5mk2 42.5mm

LR-PA270371-Edit-2.jpg
E-M5mk2 135mm

秋はOB会の季節のようで、きょうはむかしの職場の仲間たちに会ってきました。
すこし時間が早かったので、本屋さんへ行ったら、五木寛之「孤独のすすめ」、下重暁子「極上の孤独」など、”孤独”コーナーができていました。
しかし過日「中高年男性が軒並みハマる「孤独」という宗教」という記事に共感していた私は、フンと言ったのでした。
もともとコミュニケーション能力が低く、非社交的な私は、ながく”孤独”教の熱心な信者でしたが、ここ数年はせっせとOB会などに出席して会話をしようと努めています。
さらに、「AVをよく見る人ほど信仰心に篤いことが判明!」という記事をネットで見て、いい歳をしてポルノから足を洗わねばと思っている私は一層宗教心を失いつつあります。
最近、ユダに親しみを感じています。

コメント

Re: No title

エースの城さん、こんばんは。
むかしはカラーフィルムが高価で、スライドフィルム以外はモノクロばかり撮ってましたが、当時、黒と白だけだとこの場面はどんな写真になるのだろうとしきりに考えました。
結果をカラーで手にできる今でも最終はどんな写真になるかなと考えてしまうのですが、技術なんて高尚なものではなくて変な癖なんです。(汗)

No title

微妙な色の取り合わせ、自然の中から見つけ出すのも写真の技術なのでしょうね。
非公開コメント