虜囚の辱(はづかしめ)を

3月から5月まで花粉症にとらわれてひ~こらしていましたが、秋は大丈夫です。セイタカアワダチソウが咲いていますが大丈夫です。

 アメリカ背高泡立草三ヘクタール生きて虜囚の辱(はづかしめ)を受けよ  (塚本邦雄)

ほかの方のブログには鮮やかな紅葉風景の写真があふれていて、”紅葉”というのさえはばかれますが、きのうと同じ永源寺町杠葉尾(ゆずりお)の写真をつづけます。
01LR-PA270199-Edit-1OV.jpg
E-M5mk2 135mm

02LR-PA270138-Edit-1OV.jpg
E-M5mk2 135mm

03LR-PA270230-Edit-2-1OV.jpg
E-M5mk2 135mm



戦争神経症に関するNHKの番組で、戦時中の療養日誌にでてくる「悪感」をアクカンとナレーションが発音したので驚きました。
たぶん「悪寒」の誤記で、オカンと読まれると予想していたのを裏切られたからです。
アクカンと聞くと悪漢のほうを連想してしまいます。
やっぱり言葉は音が先で表記は後付けだと思った瞬間でした。

コメント

非公開コメント