思はざるゆゑに

そろそろ次のモチーフを探さないととは思うのですが、今日もコスモスです。(汗)

塚本邦雄は、昨日と同じ歌集「約翰傳偽書」から、
 暗紅の津軽の林檎口中にわれ思はざるゆゑにわれあり
 アポリネールの生前と死後、孤獨とは曇日の錫色の太陽
 百年先の日本想ひて眠るにも重きかなわが頭蓋骨(オツサ・クラニー)

01LR-PA180238-Edit-2-1OV.jpg
E-M5mk2 17.5mm

02LR-PA180261-Edit-3-1.jpg
E-M5mk2 17.5mm

03LR-ED201916-Edit-1OV.jpg
E-M5 50mm

きのう引用した塚本邦雄は、私が誤解していたのではないかと感じます。

”歌人歴半世紀”を過去の実績と思ったのは間違いで、
歌人としてこのあともなお生き続けて百年に達するなら、50年はまだ序奏に過ぎない
ということではないかと思うのです。

もしかしたら、作歌はあと50年続けるとして、そのあと千年、二千年と”歌人”としての名が残るなら、歌人歴1000年の中の50年なんて・・・、ということかもしれません。

だとしたら私の感想も素っ頓狂なものでした。

コメント

非公開コメント