黄なる霞に睡り

紅葉をひと休みして”親睦旅行”の記録写真で。

尖石遺跡という縄文文化の考古博物館へ行きました。
まるで、小中学生の遠足みたいな行程ですね。
平均年齢70歳のメンバーですから、おつむのほうは中学生並みに老化しているとしても仕方ないです。

セブンティーンならずセブンティの遠足です。

01LR-PF087792-Edit-1OV.jpg
仮面の女神  PEN-F 17mm

02LR-PF087827-Edit-1OV.jpg
縄文のビーナス  PEN-F 17mm

03LR-PF087812-1OV.jpg
PEN-F 17mm

塚本邦雄は土偶の”偶”で、
 われら短き命もてうちくだくべき偶像は黄なる霞に睡り
 葦むらにつづく囚徒の列を見しそれからの骰子(さい)はいつも偶(ちやう)の目

コメント

非公開コメント