わすれねばゆめ知らぬ月あやふし

アマノジャクの虫が騒いで、ヒガンバナに飽きてしまいました。
かと言っても、毎度のことですが、「何撮ってるの?」の写真です。
針がねと農夫と台風でこわれたトタン屋根。

やっぱり自己中心的世界観に脳が支配されているのでしょうか。
それならば、かの国のリーダーと同じだ。(汗)

01LR6-DP2Q0401-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-DP0Q2296-1.jpg
DP0Q

03LR6-ED201415-Edit-1.jpg
E-M5mk2 135mm

中秋の名月だそうですので塚本邦雄のちょっとひねくれた”月”の歌で、
 月はのぼる紫紺の空に忘れねばわすれねばこそ思はずナチス
 スープの皿に針沈みつつゆめわれら知らぬアンダルシアに月照る
 水の上に橙黄(たうくわう)の月のぼらむとあやふし わがおとうとなる耶蘇(イエス)

コメント

Re: Re: No title

体力も気力も脳の活性も急降下中のわたしではとても勉強仲間にはなれませんが、私の方こそ、気ままなアマノジャクにお付き合いいただきありがとうございます。
非公開コメント