灯りのいべんと

一昨日地元でこじんまり行われた「灯りのいべんと」に行きました。
01LR6-ED200992-Edit-1.jpg
E-M5 17mm

02LR6-ED201068-Edit-1.jpg
E-M5 17mm

03LR6-P8180067-Edit-1.jpg
E-M5mk2 42.5mm

LR6-ED201079-Edit-1.jpg
E-M5 17mm

 まいどまいど何撮ってるのという写真なので(汗)、言い訳がわりに、アサヒカメラ8月号の「脱・三脚、ファインダーで『上手な風景写真』から脱却せよ」という、写真家福田健太郎(※私はこの人を知らなかった)へのインタビュー記事から引用します。

「日本の自然」写真コンテスト(自然をテーマとした写真コンテストとしてわが国最大級だそうです。)で上位に入る風景写真が少ない、風景写真が弱いな、と感じているんです。こういうふうに撮れば、いいねっ、上手ねって、みんなに言われるような写真でしかない。いわゆる『上手な風景写真』からはみ出た作品がない。」
「竹内敏信のアシスタントを卒業するころ、富士フイルムプロ部の人に自分がイチオシと思う写真を見せたら、『この写真には、あなたが写っていない』と言われた。」
「『上手な風景写真』は否足しません。「もう、撮りませんけれど、私も『上手な風景写真』を撮っていました。美しい風景をそのまま撮りたいという気持ちで写真を始めた。そして、カメラ雑誌を手にして撮影データを調べ、同じ時期、同じ場所にたどり着き、同じアングル、画角で同じょうな写真を撮ってみる。写真でも絵画でも小説でも、最初は好きな作家のまねから始まります。私もそのひとりだったから、その気持ちはよくわかります。
でも、どうやって、さらに上を目指すか。そこからどう脱却するか。どう風景を見るのか。それは、もがかないと見えてこない。」
そのひとつが、「脱・三脚、脱・ファインダー」だった。
「20年前のポジフィルム時代の風景撮影のテクニック、いわゆる『お作法』が、そのままデジタル時代になっても受け継がれていると感じていた」。
レンズは単焦点を多用するようになった。ズームレンズは、単焦点レンズよりも厳密にフレーミングできる利点があるが、そこに落とし穴があると、福田さんは言う。
「体裁を整えることで、空気感とか、そういったものが画面から失われてしまう」
「目の前の美しい風景のリアリティーを写すのではなく、そこから五感を通して伝わってくる「何か」を撮影したい。」
最近、福田さんの作品を見た人から、「どこがいいのか、わからない」と言われたことがあるという。しかし、「わからないと思う人はそれでいい。無理してわかる必要もない」と言う。
「誰にでもわかるような写真ばかりを撮っていないし、自分がこれだと思ったものをどんどん撮っている。写真って、すごく自由なもの。」
「人々を魅了する自然の姿をありのままとらえる、という風景写真を否定する気持ちもありません。ほんとうにそれを撮りたいのであれば、それを追いかけるべきだと思いますね。」

いい言い訳です(笑)。

コメント

非公開コメント