見放されおる われ

わたしの職場はかつて桜の名所だったそうですが今は名残を留めるだけです。
それでも残った樹々が満開になれば見ごたえがあります。
そして、きょうのところは、つぼみはふくらんだものの”ちらほら”という程度です。

サクラがくる前にウメを一挙に、という魂胆で梅尽くし。
ついでに塚本邦雄も、
 魚梅(うをうめ)の改裝成れり深海のいろくづロココ調にならべて
 血漿色の梅干を家ごとに祕め革命に見放されをり われら
 鬱たる寝覺のやみの底にして剪られけむくれなゐの梅一枝

01LR6-DP2Q2573-Edit-1.jpg
DP2Q

02LR6-P3179508-2.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm

03LR6-P3179552-9.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm

04LR6-DP2Q2539-1.jpg
DP2Q

コメント

非公開コメント