つくしは土筆、鰆はさわら

サクラにお尻を叩かれて、大急ぎで春の写真を、と思って土筆です。

塚本邦雄に土筆は似合わないと思って、”つくし”の歌を集めました。(ウソ)
 蒼惶(さうくわう)とみ空の縁(へり)をかりがねは去るわが春のみだれ見つくし
 岬の果てに短軀の漁夫の鬚面(ひげづら)手づかみのうつくしき鰆よ
 春の雁わたりつくして灰色のそらみつやまと、その空の創(きず)
 母のくににかへり栖む日はあらざらむ藍うるむ海の夕(ゆふ)澪標(みをつくし
 水の上に死の鶯の眸(まみ)とぢて恥うつくしき日日は過ぎたり

01LR6-P3179670-Edit-2-9.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

02LR6-P3179672-Edit-9.jpg
E-M5mk2 Helios 85mm 1.5

いい写真をたくさん見ることと自分の写真をじっくり見ることが上達の道だと教わったのですが、その教えはなかなか守られません。
反省してプリンターのスウィッチを入れたらインク切れでした。神様に見放されたのでしょうか。

コメント

非公開コメント