きのう行った彦根の龍潭寺(りょうたんじ)。
04LR6-_F240746-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

02LR6-_F240757-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_F240762-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

01LR6-_F240728-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

龍潭寺は、彦根市の郊外で、石田三成の居城のあった佐和山の麓にありました。
 1600年 関ヶ原の戦い。佐和山城も落城して、三成の父正継と兄正澄が死去。
 1600年 井伊直政、佐和山領主。
 1602年 井伊直政、関ヶ原で島津から受けた鉄砲きずが元で佐和山城で死去。墓所は浜松市龍潭寺、彦根市清涼寺ほか
 1602年 昊天宗建(こうてんそうけん) 直政の遺命で佐和山に庵をたてる。
 1608年 彦根城完成。
 1615年 龍潭寺完成。(1601着工)
井伊家の菩提寺は龍潭寺ではなく、隣接する清涼寺と東京にある豪徳寺だそうです。清涼寺は石田三成家臣島左近屋敷あとらしいです。豪徳寺はネコが有名らしい。

きょうの引用は塚本邦雄の有名な短歌ですが、意味はよくわかりません。
解説書を読んでも、リズム感を味わえばよいというようなことが書いてあって、やっぱり理解不能です。

塚本邦雄
 錐・蠍・旱・雁・掏摸・檻・囮・森・橇・二人・鎖・百合・塵   (感幻樂)

語尾が「リ」の単語を並べてあるのはわかるのですが、リズム感だけでいいのだろうかという疑問です。
暗号が隠されているのではないかという疑問がぬぐえません。

新着記事一覧