わが愛を錘となし

”未練”のつづきを大和郡山で。
01LR6-_F050376-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

02LR6-_E058335-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

03LR6-_F050487-3.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

04LR6-_E058516-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

もう夏至だそうです。

塚本邦雄
 水(みず)の上に咲くは河骨わが愛を錘(おもり)となして一夜(ひとよ)ただよふ   (翠華帖)

大和郡山の金魚は、かの柳沢吉保の子の吉里が甲府から移ったときに持ち込んだものと聞きました。
そのとき金魚を携えた柳沢家の家臣の名と、忠臣蔵の大石内蔵助の子孫が一度途絶えた後再興されたとき養子を迎えた家の人の名が同じなのに不思議な因縁を感じました。後者はきっと広島藩あたりの人でしょうから別人でしょうが、忠臣蔵における吉保と内蔵助の立場を考えて、面白く思ったのです。

Trackback

Trackback URL
http://pithecantroupus.blog.fc2.com/tb.php/2184-f4d31e49
フリーエリア
プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
2016年4月27日から復興を願う気持ちをこめてアイコンをくまモンに変えています。

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター