きょうは慈光院の残りもので。
 三枚目の写真の景色を見つけたのに、ありきたりに処理しかできず、神様がくれたチャンスを生かせなかったことに気落ちしています。
 脳が筋肉になっているならまだしも、メタボが嵩じて脂肪脳になったのではないかと危惧します。
05LR6-_F050548-5.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

01LR6-_F050647-5.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_E058620-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

04LR6-_F050550-5.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

塚本邦雄
 碧軍派一人一党この夏もわれにつづくものあらざるを信ず   (黄金律)

碧軍派やわれにつづくものあらざるを信ずを既存の言葉のパロディとして読む歌らしいのですが、わたしには一人一党の語が強く印象に残ります。芸術家は徒党を組んで多数派になろうとも意味がない事で、もともと一人一党です。塚本邦雄も、現代短歌の大家などと言われて彼の後に続こうとする人が増えてもなお、我は我と考えていたのではないでしょうか。かれの理想は西行や定家のように、一党などという部分を占めるのではなく全体を支配することだったと感じるのです。
なおあらためて三島由紀夫の反革命宣言を読んで、それもまた強く心に残りました。

新着記事一覧