誇る一日を持たざれば

 きのうにつづけてノスタルジアの霞の中を散歩です。この町にある高校へ私は通いましたが、そのころはまだ映画館も本屋も、写真屋さんも何軒かありました。乳母車屋さんというのもありました。
01LR6-_E097125-5.jpg
箱の中は大人の世界。 M.ZUIKO 17mm F1.8

02LR6-_F091607-4.jpg
現役ですよ、まだ。 キヤノン7用 CANON 50mm f0.95

塚本邦雄
 もろともに誇る一日を持たざれば日昏れは行けれ道の片處(かたど)を   (歌誌『オレンヂ』1947 3月 3号)

03LR6-_E097234-4.jpg
片処に、なお誇りを残して。 M.ZUIKO 17mm F1.8

 写真家の大和田良さんは「僕の作品制作の方法は大きく二つに分けられる。 一つ目は蓄積した知識や経験を纏めあげ、ある一定の細かい点に収束させる方法。・・・(略)・・・。 二つ目はカオスのように頭の中で渦巻く知識や経験が何らかの被写体の前で突然リンクし、カメラを向けるという場合だ。・・・」(「大和田良「ノーツ オン フォトグラフィー」リブロアルテ)と書いています。
 邪念と怠惰のカオスの中で撮り続けているわたしにとってはどちらも、買いもしない宝くじの当りを夢見ているようなものだと思いました。

Trackback

Trackback URL
http://pithecantroupus.blog.fc2.com/tb.php/2078-af45adad
フリーエリア
プロフィール

pithecantroupus

Author:pithecantroupus
三重県在住。男性。
2016年4月27日から復興を願う気持ちをこめてアイコンをくまモンに変えています。

リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター