冬ふかく易易(いい)と

塚本邦雄
乾魚を酢にてもどせり冬ふかく聖書には易易(いい)と神の復活   (装飾樂句)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

なおなおなお杠葉尾で。
01LR6-_N288905-2.jpg
硝子戸のむこうは反世界か。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

02LR6-_N288935-2.jpg
ここはわたしの汨羅。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

03LR6-_N288924-2.jpg
枯れてもススキはススキ。 TOKINA Reflex 300mm F6.3

 酢にて「もどす」行為を「復活」させると言ったのでしょうか。でも「酢で」もどす乾魚は何なのでしょう。易という字を魚偏につけた「鯣」はスルメらしいのですが。

 きょうの新聞の記事に「歌が廃れる」という題字がでかでかとのってましたが、「廃れる」を「すたれる」と読める人しかこの大新聞は相手にしていないのかと少しがっかりし、せっかくの記事がだいなしだと感じました。