Age of Pen

ARTICLE PAGE

うたかたなりけるむかし

塚本邦雄
牡丹雪あるいは母に降りけらしわれがうたかたなりけるむかし   (波瀾)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

余呉町川並のあたり。
01LR6-_F190177-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_F190196-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F190172-2.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

 きょう一日は雪が降ったり止んだりで日陰の積雪は解けることがありませんでした。「牡丹雪」の季節は春ですが、雪が珍しい地方に住んでいる身には雪であればどれもこれも区別がつかないので(笑)、今日の歌を引用しました。
 牡丹雪と母とのつながりが分からなかったのですが、ある出版社のHPに、『牡丹雪母のことばのやうに降る』(ふらんす堂 常澤俶子句集探梅)というのを見つけて、なんとなく分かったような気がしました。