塚本邦雄
淡雪の泡さながらの生靈(いきりやう)に短歌は完全に包圍されてゐる   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

きょうは琵琶湖の北の余呉湖へいきました。
いけない。「冬のソナタ」の毒がまだ身体にのこっているようです。
01LR6-_F190015-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

03LR6-_F190063-1.jpg
M.ZUIKO 25mm F1.2

新着記事一覧