無音も

塚本邦雄
無音(ぶいん)も慰藉のひとつとつたへきぬかの国の冬霞濃くあれ   (豹變)
酒亂の夫みまかれりしやあたらしき苗字の賀狀肩折れて著く   ( 〃 )
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

津島かいわいを散歩しました。
01LR6-_F049792-1.jpg
屋根神様の榊も新しくて。 M.ZUIKO 25mm F1.2

02LR6-_N048369-1.jpg
焚火のむこうに茅の輪が見える風景。 M.ZUIKO 17mm F1.8

03LR6-_N048047-1.jpg
辻の堂にも正月がきた。 NOCTICRON 42.5mm F1.2

 理容店のトリコロールが好きです。理容店の前を通りかかるとカメラを構えてしまいます。カレーやコロッケが身近な洋食だった幼少期、あのトリコロールは日常の中にあこがれの「パリ」を広めているように感じていたのかもしれません。