塚本邦雄
吊鐘草(カンパヌラ) 妻子眷族智慧うすしはや水上は初霰ふる   (されど遊星)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

秋の特別公開中の京都ハリスト正教会へ。
01LR6-_E035508-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
02LR6-_E035499-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
03LR6-_F035786-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
04LR6-_F035706-2.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
LR6-_E035491-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

 カンパニュラは教会の釣り鐘が語源だそうなので今日の写真に無関係ではないのですが、今日の短歌はどう理解しようかと悩んでしまいます。わたしは銀河鉄道の夜を思い出していました。水上というのは天上の逆さまの世界なのではないだろうかなどと考えてしまうのです。

新着記事一覧