Age of Pen

ARTICLE PAGE

口実ひとつ

塚本邦雄
私淑とは師に遠離(とほざか)る口實のひとつ 天邊(てつぺん)に棗熟れをり   (歌人)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

ミーハーとよべばよべなどと開き直るつもりはありませんが、性懲りもなくまた世間様に迎合した写真を。ハッピー・ハロウィーン。
01LR6-_F222736-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
02LR6-_F222741-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
03LR6-_F222734-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95

 きょうの短歌は、歌人で詩人の岡井隆がことしの文化功労者に選ばれたというニュースを聞いたので、彼が盟友の塚本邦雄の死をいたんで新聞各紙に書いた弔文に引用された歌の中から選びました。
 いっぽう、さきに冥界にさった塚本邦雄が書いた岡井隆論に引用された岡井隆の歌からひとつ。
 発ちし夜の妖しきまでの明るさを思えば、戦後こそわがカナンの地