塚本邦雄
カリグラ傳あるとき愉快なることにおのれ愧ぢつつ秋暑きかな   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

トリエンナーレはまだ続くのですが、気分転換に、近くの四日市港へ「お散歩写真」を撮りに行きました。
LR6-_R666244-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
1LR6-_R666201-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_R666217-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
4LR6-_E664368-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

コメント 4

pithecantroupus  2016, 09. 06 (Tue) 08:42

Re: No title

carmencさん、おはようございます。
> 1枚目 微妙に違う青の色、奥深き青の色…
自分のなかではこの写真が気に入っています。自己満足ですが。
> コンテナがレゴに見えます
 同じことを思いました。積木遊びを思い出しました。
> 3枚目はジオラマの世界にも見えて来て、
 小さいころにミニカーが欲しくて、でも言い出せなくて。
 我家の経済はそれを許してくれないと子供心に分かっていたので。
> 私の感性では出来れば夢の世界の3枚で終わりたい
 そこまで構成を考えていませんでした。というか、編集作業が苦手なのです。
 輝く水面が好きなのです。地上に太陽や星や月をもってきたような輝き。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 09. 06 (Tue) 02:43

No title

1枚目 微妙に違う青の色、奥深き青の色…
そんな青の中に黄のアクセント
構成が面白いです〜 
埠頭と海が風景としての表現を越えてますよ
そう勝手に受け止めて感動してます
コンテナがレゴに見えます
楽しくてしょうがない〜
3枚目はジオラマの世界にも見えて来て、
だってガントリークレーンはキリンにも見えるでしょ
そこに大きな影、これはもはや怪獣でしょ!
デンマークのどこかにありそうな
とても楽しい世界が展開してますね

ラストはお遊びを終えて現実へと引き戻されて…
しかし現実は光も射すが前途多難でもある

私の感性では出来れば夢の世界の3枚で終わりたい
いつまでも子供のままではダメだと言う事かな



編集 | 返信 |  

pithecantroupus  2016, 09. 05 (Mon) 23:36

Re: No title

mintさん、ありがとうございます。
友人(otibouさん。ブログ「ASA100 感ずるままに」)が、
四日市港の夜景を撮りに行くのについていきました。
買ったばかりの三脚は潮風にさらしたくなくて、古いのを持って。(貧乏性!)
夜景にはすこし早かったのでポートビルに上り、
残念ながら夕焼けには出会いませんでしたが、
不順な天候が幸いして、最後の写真のシーンに出会いました。

編集 | 返信 |  

mint  2016, 09. 05 (Mon) 22:42

No title

こんばんは。

ポートタワー(でしたっけ?)の上から撮られたのですね。いいですね!
コンテナって、こんなに色とりどりで可愛かったのだと、写真拝見して感じました。
でも、カラフルな写真の最後のモノクロームの写真が、何と言っても一番好きです!

光あふれて、めちゃめちゃ素敵ですね!
何て魅力的なのでしょう~~♪

編集 | 返信 |  

新着記事一覧