塚本邦雄
渇いて候 夏百日の遠景に眞紅のチェッコスロヴァキアの變   (黄金律)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

今日は名古屋へ。愛知トリエンナーレ2016を見に長者町へ行きました。
1LR6-_E664230-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_E664190-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_F670435-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95 (カメラの設定を間違ったのでExif情報がちがいますが)
4LR6-_E664196-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

8月30日、あのチェコスロバキアのチャスラフスカが亡くなりました。

コメント 4

pithecantroupus  2016, 09. 05 (Mon) 09:37

Re: No title

carmencさん、返信がおくれてごめんなさい。
愛知トリエンナーレは3年ごとに開かれる現代美術のフェスティバルだそうです。
わたしが高校生の時に、
ベネチアビエンナーレの記事がのった雑誌(美術手帖)をみて、羨望をいだいた記憶があります。
4枚目は「壁画」ですが、
前々回2010年トリエンナーレの出品作で「新生の地」という題だったそうです。
作者がタイの人だそうで、タイ語もまじっているそうですから、読めなくてもしかたない。(笑)
あっ、撮影はほとんどフリーでした。?

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 09. 04 (Sun) 19:04

No title

2枚目と4枚目がいいな

これは現代アート展?
撮影フリー?
長者町って?
ラストが映画館のように思えますね
大きな看板?の字がよく見えない(笑)

編集 | 返信 |  

pithecantroupus  2016, 09. 04 (Sun) 07:27

Re: No title

mintさん、おはようございます。
トリエンナーレ、次は3年後と考えたら、3年先に自信が無くて、
いまのうちなら少しは混まないだろうと行ってきました。
美術館に比べて長者町の方が落ち着いて鑑賞できました。
そして、追悼のフリをして、
チャスラフスカを見た中学一年のころの自分を思い出していたのです。

編集 | 返信 |  

mint  2016, 09. 03 (Sat) 22:47

No title

こんばんは。

トリエンナーレ、行ってらしたのですね。
私も今度じっくり撮りに行こうと思っています。
pithecantroupusさんの写真拝見してたら、早く行きたくなりました。
やはり長者町が一番面白そうですね。

チャスラフスカ、懐かしい名前です。
冒頭の塚本邦雄氏の歌は追悼ですね・・・。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧