塚本邦雄
殺意ひめて生きつつ今日は從順に胸部寫眞を撮らるる梟首(けうしゆ)   (日本人靈歌)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

また寄り道。
1LR6-_R665900-2.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8
LR6-_R665907-2.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8
LR6-_R665913-1.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8

ちょい撮りばかりで、ちゃんと写真を撮りに行ってないので、
こんなときは好きな作家の写真集か写真関連の本を読んで憂さ晴らしをします。

大和田良「伝わる写真」(株式会社マイナビ)は、真面目すぎて学校の教科書みたいですが、
書いてある内容には、いいなあと感じます。「あとがき」の一部を引用すると、

   写真を撮ることや作ることに、自らの活力を見出し、
 日々生きるということに直結していることが写真で生き
 るということかもしれない。
 そこでは、写真を本業としなかったとしても、写真ととも
 に歩む人生を見つけることができるだろう。
     (中略)
   よい写真が撮れたとき、よいプリントができ上ったと
 きの自分の感動を、なにより大事にしてほしいと思う。

コメント 4

pithecantroupus  2016, 09. 03 (Sat) 20:57

Re: No title

carmencさん、こんばんは。
わたしがcarmencさんのお腹の中を撮ってしまったとは、光栄です。
「普通に歩きながら呼吸するように」したパチリは、撮った人の感性がもっともよく出るような気がします。
そのパチリ以前に、これを撮ろうという心が働いていますから。
そして、わたしもcarmencさんと同様に、
「その瞬間はいつも楽しい」です。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 09. 03 (Sat) 03:36

No title

オオ!
この日、私、こんな感じの画面を見てました!
これは海?
私のは自分のお腹のうごめく画面ですが…
スゴく似ている!
偶然に驚いてます(勝手な偶然、しかも全く別物ですけど…)
写真とか作品って発表された時点で自分と離れて行くものですね。
良い作品程、観た側の勝手な背景で受け取られ一人歩きして、
さまざまな感動を生むものだと思います。
勿論作者の切実な思いがそうさせるのですしょうね…
私などただ普通に歩きながら呼吸するようにパチリとするだけですが…
但しその瞬間はいつも楽しい♪



編集 | 返信 |  

pithecantroupus  2016, 09. 02 (Fri) 07:37

Re: No title

mintさん、おはようございます。
わたしも、自己満足だと言われても自分が好きな写真が一番です。
写真に自分の活力を見出して生きていくという言葉に励まされました。
さらにいただいたコメントでも励まされています。ありがとうございます。

編集 | 返信 |  

mint  2016, 09. 01 (Thu) 23:12

No title

私には撮れない憧れの波写真です。
綺麗ですね!
波のこんな表情、私もいつか撮ってみたいです。

>よい写真が撮れたとき、よいプリントができ上ったときの自分の感動を、なにより大事にしてほしいと思う。
本当に、そうですね!
それが自己満足だと言われても、自分が好きな写真が何よりの一番ですよね?!

編集 | 返信 |  

新着記事一覧