塚本邦雄
颱風のまなこ澄みゐる綠地帶薔薇あらばきみ踊りたまへ   (透明文法)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

寄り道の残り物で。
1LR6-_R665773-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
2LR6-_R665825-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
3LR6-_R665789-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8
4LR6-_R665587-2.jpg
M.ZUIKO 17mm F1.8

きょうの朝日新聞「天声人語」の冒頭に「時分」という単語がでていましたが、口語的に過ぎないかと感じました。
(「コトバンク」サイトで調べても朝日のような使用法はありません。)
内容にも時代錯誤があるように感じましたが、
これらはわたしが素直さを失いつつあるせいかと思って、ちょっと気落ちしました。
というのも、きょうの写真を撮った日、
わずかな寄り道だったのに、その夜から身体が変調をきたして、
経験のない事にうろたえてしまいました。
あちこちで年齢をつきつけられているようで、がっくりです。
それでも、思ったように写真が撮れていたら、すぐ回復するのですが。

コメント 4

pithecantroupus  2016, 09. 03 (Sat) 20:44

Re: No title

carmencさん、つらい思い出をよみがえらせてすみません。
carmencさんには比べることはできませんが。
わたしは小さいときに伊勢湾台風で家が倒壊し、一晩中逃げまどった経験があります。
この歳になっても、強い風の吹く音に心が波立ちます。
もっとに大きな悲しみがほんの先ほどcarmencさんを襲ったのだと思い、わたしも心が痛い。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 09. 03 (Sat) 03:09

No title

台風が去って荒れ狂う海に静けさが戻りましたね
実は故郷が破壊されたあの日の震災から
写真でさえ海を見ることは出来ませんでした。
最後の写真に静かにそれを受け止めて佇むことかもしれないと感じました。
人はそれぞれの時代に自然と闘い共存して生きて来たんですね

セピアの海と空
どれも美しい表現ですね

3枚目の写真でバグダットカフェの音楽とシーンが浮かんできました。
映画の舞台は砂漠なのにね、不思議です。





編集 | 返信 |  

pithecantroupus  2016, 09. 02 (Fri) 07:29

Re: No title

mintさん、コメントありがとうございます。
お気遣いいただき、感謝します。ちょっと同情を引きたくて書き込んでしまいました。(笑)
「時分」のことも、わたしの虫の居どころが悪くて八つ当たりしたのです。アラさがしをして。
なかなか、とし相応の態度がとれなくて恥ずかしいです。

編集 | 返信 |  

mint  2016, 09. 01 (Thu) 23:07

No title

こんばんは。

私も先日この海を撮りに行きました。

お体、大丈夫ですか?
>思ったように写真が撮れていたら、すぐ回復するのですが。
どうでしたか?
私には、とてもすばらしい写真に思えますが・・・特に3枚目が好きです!

「時分」のお話は、難しく、読んでいないので、よくわかりませんが、「時分」という言葉自体、私は使ったことあったかな?・・・。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧