塚本邦雄
平和祭その後曇りて警察の裏、夜もしたたれるものを干す   (日本人靈歌)
夏もわれらもさかりの巷、葬具屋に菓子のごとあたらしも墓標は   (水銀傳説)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

ここ数日撮ってないのでひと月前の残り物。
1LR6-_F668758-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_F668589-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
3LR6-_N661882-3.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_F668552-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95

腕と背中の痛みに耐えかねてごろごろ横になって、浅田次郎「帰郷」を読んでいます。
不思議なのは、本のタイトルが「帰郷」なのに、
中の小説の題名は「歸鄕」です。
中の文章は現代仮名づかいで字体も新しいのに、小説の題だけ旧字体なのです。
何故でしょう。

コメント 4

pithecantroupus  2016, 08. 18 (Thu) 21:27

Re: No title

carmencさん、いつも温かい言葉ありがとうございます。
芙蓉の写真は恥ずかしいです。
carmencさんに言われると耳が痛いです。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 08. 18 (Thu) 04:03

No title

芙蓉の花の鮮やかなピンクがモノトーンの陰鬱な背景に映えて、
ひときわ情熱を感じます!
素晴らしい〜

編集 | 返信 |  

pithecantroupus  2016, 08. 17 (Wed) 20:41

Re: No title

mintさん、いつも励ましていただき、ありがとうございます。
最後の写真がまさかご実家ではないでしょうね。
mintさんは展覧会ですね。ご盛況をお祈りします。

編集 | 返信 |  

mint  2016, 08. 16 (Tue) 23:25

No title

こんばんは。
お体大丈夫ですか?
残りものなんて言えませんよ!
みんな素敵な写真ですね。
セロハンテープと七夕飾りの窓、いいですね。
私も見つけたら撮ってしまいます^^
最後の写真は、母の実家の田舎の夏の庭を思い出しました。
pithecantroupusさんの写真には何故かいつも郷愁を感じます^^

浅田次郎は読み易くて、ごろごろ横になって読むのにもいいかもですね^^

編集 | 返信 |  

新着記事一覧