口しびれつつ

塚本邦雄
愛人とひるまで寝むに天心の告天子(かうてんし)くそやかましき天使   (黄金律)
菊科植物みるかげもなく「汝臣民」てふ猫撫声のそらみみ   (汨羅變)
夏大根に家中(いへぢゆう)の口しびれつつ今日終る 國歌うたはず久し   (日本人靈歌)
(塚本邦雄の短歌は写真と無関係です。塚本邦雄を尊敬していますが、引用した歌はブログの護符かお守りのつもりです。)

昨日のつづきで。
1LR6-_E664150-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_E664165-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_F670294-1.jpg
キヤノン7用 CANON 50mm f0.95

塚本邦雄の、
一首目の「愛人と・・・・」という歌が、私には玉音放送を指しているように感じられます。
二首目は「汝臣民」を文字ではなく音としていますから、これも玉音放送だろうと思います。
一首目は8月15日、二首目はそれ以後の秋ごろの時期だろうと想像しますが、二首目も8月15日と考えることは可能です。
もしも二首目が敗戦のその日の歌だとすると、作者はそれ以前に負け戦を自覚していたことになります。
塚本邦雄は呉で軍の会計事務の仕事についていて、きのこ雲を遠望したと自ら言っていますが、
軍関係者ならば、原爆投下後の悲惨な現実も見たのではないでしょうか。彼は語っていませんが、
広島から逃れてきた被災者がいたはずですし、もしかしたら被災直後の広島へ足を踏み入れているのではないかと想像をたくましくするのです。
「菊科植物みるかげもなく」が彼にしてはあまりに直接的な言い方なので、それもヒロシマで実際に見たと想像すれば納得できます。
そして、その惨状を脳裏に15日を迎えれば、放送の声もうつつに聞こえなかったのではないでしょうか。

コメント

Re: No title

carmencさん、ありがとうございます。
「石播」が何のことか分からずにしばらく考えてしまいました。石川島播磨ですね。
塚本邦雄は徴兵検査は受けたようですが、国民徴用令で呉の海軍工廠へ徴用されたようです。
徴用中に、洋画の情報をくわしく友人に教えたことがもとで営倉に入れられたそうですが、
そのせいか、警察や憲兵につよい反感をもっているように感じます。
いっぽうで、海軍には親近感をもっていたのではないかとも感じられます。
塚本は決して「終戦」とはいいませんね。必ず「敗戦」です。
浅田次郎の小説を読んでいても、「大和撫子の防波堤」というフレーズが、
いまの読者に理解されるだろうかと思ってしまいます。
饒舌になりました。ごめんなさい。

No title

3枚とも違う視点ですね
空と田をほぼ同じに分けた1枚目
縦の電柱と横の電線
畦道と案山子と向こうの畦道を行く人
いい絵ですね〜
2枚目、ず〜〜と目の前に広がる田
風で倒れてる稲、シルエットの案山子
田園が聴こえるようです
対角線に分けて大胆に!
斬新ですね
こういう所が心憎い

塚本は呉にいたんですか
それではきのこ雲を見ていますね
呉なら石播かな
あ、軍ですね
海軍?
終戦、日本のニュースは敗戦と言わないですね
そこかしこで誤摩化しながら長い年月が経ちました。戦争体験者が少なくなっていく今、戦後世代の私達ですが歴史の事実を風化させてはいけませんね。




非公開コメント