Age of Pen

ARTICLE PAGE

うつつには

塚本邦雄
この世は修羅以上か以下かうつつには宇都宮第五十九聯隊   (魔王)
なほ生きば死後も記憶にうすべにの旭川第二十七聯隊長   ( 〃 )

お散歩のつづき。
LR6-_F679865-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
4LR6-_N673098-2.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_F670033-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro
3LR6-_F679992-2.jpg
ZUIKO DIGITAL ED 50mm F2.0 Macro

現代詩文庫「塚本邦雄」(思潮社)の巻末で歌人の藤原龍一郎氏が、
 「宇都宮第五十九聯隊」は、日露戦争のときシベリアに出兵して、極寒の地で辛酸をなめた部隊
 「旭川第二十七聯隊」は日露戦争のときに旅順に投入され・・・・・旅順で全滅している。
と紹介していますが、
宇都宮第59連隊はパラオ近郊で1944年9月にその一部隊が玉砕、旭川第29連隊はノモンハンに投入された歴史があるものの
となりの旭川28連隊が1942年8月にガタルカナルで壊滅しています。
しかし、悲惨な歴史を持つ部隊は数限りなく、、宇都宮や旭川にこだわる必要はないようです。
これらの歌が固有名詞を使っているので、ついそれに引きずられますが、
「うつつ」>宇都宮、「うすべに」>あさひ>旭川、
ととっていいのではないかと感じます。

6 Comments

pithecantroupus  

Re: No title

carmencさん、こんばんは。
シュールすぎて、のせるのに躊躇しましたが、他に写真がないので無理をしました。
キリコの理詰めの空間と、不安をあおる色使いは私も好きですよ。
色ではなくて空間を不安で満たすマグリットや、
理屈をどこかへ置き忘れて官能に誘うデルヴォーも好きですが。
ラストは、いつものごとく何枚も撮ったのですが、
わざと、セオリーに反する逆光のハロが出ているカットを選びました。
セミの抜け殻を探していて、見上げたらこれが目に飛び込んできました。

2016/08/15 (Mon) 21:38 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

No title

オオ!なんとシュールな!
キリコ好きとしましては大好物な世界です。
これはそのままの光景が目の前にあるなら最高のシャッターチャンスのネタですね!
真夜中には歩きたくないですが(笑)
2枚の花の世界を挟んでるのはいかにもpithecantroupusさんっぽい
ラストがまた活きて来る
オドロオドロなダリの絵に出て来るようなニョロニョロと奇怪な生物が這っている!
面白いです〜

2016/08/15 (Mon) 20:04 | EDIT | REPLY |   

pithecantroupus  

Re: No title

あぶない、あぶない。
わたしの個人情報が危機に!(笑)
最近は、断らずにうろうろすると「不審者」にされてしまいそうで、散歩も不便です。
学園祭もいいですが、
わたしは人物と祭を撮るのが苦手な事をいま思い出しました。ダメだぁ。

2016/08/14 (Sun) 23:08 | EDIT | REPLY |   

mint  

No title

>1枚目の撮影場所は地元の大学です。
四日市大学か鈴鹿国際大学か?
ですかね?
オープンキャンパスは、撮影のねらい目ですね!
学際も行ってみたら面白いかもですね!^^

2016/08/14 (Sun) 22:39 | EDIT | REPLY |   

pithecantroupus  

Re: No title

mintさん、こんばんは。
1枚目の撮影場所は地元の大学です。11、12日は「オープン・キャンパス」というイベント中でした。
最後の写真は、たぶん、ノキシノブというシダ類だろうと思います。夏旱で葉が丸まったのではないでしょうか。
脱水症をおそれつつクーラーの効いた室内で丸まって昼寝しているわたしみたい(笑)

2016/08/14 (Sun) 22:19 | EDIT | REPLY |   

mint  

No title

こんばんは。
お散歩の続き・・・って。
1枚目の写真はどこなのでしょうか?
お散歩コースにこんな魅力的な場所があるのですか?
博物館の入り口?
最後の写真も面白いです。
目線、素敵ですね^^

2016/08/14 (Sun) 21:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い