夏のわざはひの

塚本邦雄
その夏のわざはひの夢わがために一莖(いつけい)のゆふがほぞ裂かれし   (源氏五十四帖題詠)

京都左京区久多。
1LR6-_N672672-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_F679845-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
LR6-_N672438-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2

コメント

Re: No title

carmencさんも案山子が気になるでしょう。
わたしも、見つけたときにドッキリしましたよ。
案山子の姿も魅力的でしたが、
むこうに山林と川が流れているロケーションが素敵でした。
carmencさんに言われて気がついたのですが、
たしかにおしゃれな案山子ですね。

Re: No title

mintさん、おはようございます。
おっしゃるとおり、山に暮らす方々の、ゆかしさがそこここから伝わってくる場所でした。
土地のもっている魅力がわずかでも伝わればうれしいです。
いつも励ましていただき、ありがとうございます。

No title

案山子がファンキー
案山子が緑の中で踊ってるみたいです〜
ほのぼのほっこりは変わらないけど
最近の案山子はオシャレ度アップしてますね♪
この光景好きだなあ…

No title

こんばんは。
京都左京区久多、いいところですね。
pithecantroupusさんのカメラで捉えられた風景だからこそなのでしょうけれど、
夏の山里の濃い空気感というのか、しっとりとした雰囲気が感じられて、私も撮ってみたくなります。
3枚とも好きな写真です。
非公開コメント