Age of Pen

ARTICLE PAGE

つかれしとき

塚本邦雄
シャヴァンヌの「愛國」の繪にありし罅(ひび)つかれしときの心にうかぶ   (透明文法)
あまた死者と逅ひつ別れつわがために時間は熟れてしたたる李(すもも)   (靑き菊の主題)

稲が実ってきたご近所を。
1LR6-_E663963-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
2LR6-_E663920-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
3LR6-_E663987-2.jpg
TOKINA Reflex 300mm F6.3
4LR6-_E664033-2.jpg
Pentax FAソフト28mmF2.8

きょうは長崎忌。
広島忌の日を塚本邦雄は、
 八月六日すでにはるけし灰色に水蜜桃のはげおつる果皮
と読みました。

2 Comments

pithecantroupus  

Re: No title

carmencさん、ありがとうございます。
carmencさんのいうとおり、稲の光景はこころになごみますね。
農業してるわけではないのに、何故でしょうね。
草むらに咲く花は百日草でしょうか。品種改良された今どきの花と違って、なつかしい素朴さが好きです。
三枚目は、サトイモの葉の葉脈が人体の一部分のように見せたかったのでモノクロにしました。
carmencさんにはすべてお見遠しでした。

2016/08/11 (Thu) 20:43 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

No title

稲の広がる光景は豊かな気持ちになりますネ。ホッとするような喜びに繋がるような…
ブルーの格子から見る草むら(田んぼ?)に咲く花の画がどこかヨーロッパの絵画みたい
3枚目の全面にモノクロの葉の裏側の写真、繊細な心が作る大胆さ、魂が伝わります!素晴らしい!

2016/08/11 (Thu) 03:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い