Age of Pen

ARTICLE PAGE

ほてるたましい

塚本邦雄
なほ夏のほてるたましひ死を懸けて逐へどがらがら蛇の戀人   (閑雅空間)

なお郡上八幡の残り物で。
1LR6-_F669497-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
2LR6-_E663769-2.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye
3LR6-_F669467-2.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
4LR6-_E663725-1.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye
5PSE-_E663736-1.jpg
Zuiko ED 8mm F3.5 Fisheye +PSE

2 Comments

pithecantroupus  

Re: No title

carmencさん、こんばんは。いつも励ましていただきありがとうございます。
最後は、PSEとあるようにフォトショップ・エレメンツというソフトで合成しています。
carmencさんには「やり過ぎ」と批判されそうですが・・・。
灯籠の明かりが灯る道は、ここの観光でもっともよく知られている場所で、
きっと誰かがもっと上手に撮っているように思います。

2016/07/30 (Sat) 22:29 | EDIT | REPLY |   

carmenc  

No title

影が踊っていて、スゴくいいですね!
今にも動き出しそうです〜
魚眼で撮ったのも効果的ですね
初めのはやぐらの演者たち?
迫力が伝わって来ます。
最後のはカーブミラーに映ってるのですか?同じシーンが下の部分?
多重で幻想的で臨場感!

灯籠の明かりが灯る道なんて、幻想的ですね。

2016/07/30 (Sat) 20:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い