塚本邦雄
たまかづらたまゆら闇のかなたより螢の宮にひかりをわかつ   (源氏五十四帖題詠)
昔、男ありけり風の中の蓼ひとよりもかなしみと契りつ   (睡唱群島)

賀茂川の水源地という雲ケ畑の残り物で。
1LR6-_E663333-5.jpg
NOKTON 25mm F0.95
4LR6-_F668206-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_F668407-5.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_F668271-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
5LR6-_E663181-5.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7

雲ケ畑は惟喬親王ゆかりの地だそうです。
最近、高田崇史「QED 六歌仙の暗号」という推理小説で、七福神は惟喬親王プラス六歌仙という謎解きを読みました。
それで、六歌仙のひとり在原業平がでてくる伊勢物語にちなんだ塚本邦雄の歌を引用ました。

コメント 0

新着記事一覧