塚本邦雄
たまゆらの戀とな言ひそいのちなるきみに螢の燈(ひ)もてまみえし   (源氏五十四帖題詠)
夏祭裸形(らぎやう)の伴(とも)の奔り去る刹那こころにたつ靑霞   (芒彩集)

亀山市関町。
1LR6-_F668630-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
2LR6-_F668543-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_F668869-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
4LR6-_F668621-1.jpg
NOKTON 25mm F0.95
5LR6-_N662243-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

コメント 2

pithecantroupus  2016, 07. 24 (Sun) 00:04

Re: タイトルなし

carmencさん、こんばんは。
撮影場所の亀山市関町は、昭和59年、国の伝統的建造物群保存地区に指定されています。
撮影当日は夏祭りで、山車が出ましたが、これがこの辺が限度というときに使う「せきのやま」の語源だそうです。
最後の写真は、クロスプロセスという効果で色彩がいびつになっています。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 07. 23 (Sat) 11:22

格子窓がいかにも和風な感じがしますが
あまり見かけたことがなく
意外にもアジアンな感じがして
そこに写ってる提灯も見てきた提灯とは趣が違って
なんかラーメン丼の模様に似てるようで(笑)
中国文化の影響なのかなあなんて
歴史は苦手なので知識は殆ど無いですが
そんな事を想像してこの地も壮大な歴史の途にあったのかと…
最後のは昭和って感じしますね
色彩が面白いですね。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧