塚本邦雄
樂人を遂つた市長がつぎの夏、蛇つれてかへる―――市民のために   (水葬物語)
炎天の河口にながれくるものを待つ晴朗な僞(にせ)ハムレット   ( 〃 )

雲が畑。惟喬神社などありました。
1LR6-_F668148-2.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_E663133-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
3LR6-_E663187-1.jpg
SUMMILUX 15mm F1.7
LR6-_F668158-5.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8
4LR6-_E663169-5.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

コメント 2

pithecantroupus  2016, 07. 14 (Thu) 09:20

Re: タイトルなし

carmencさん、いつもありがとうございます。
モノクロの写真は、はずかしい失敗作です。
やってはいけない広角で見上げる視角をとって、
それで効果が出ればOKですが、欠点ばかり目につく写真になりました。
相手をもっと観察して、
モチーフやアングルをきちんと選んで
撮るべきでした。
失敗をブログにのせれば、次はもう少し進歩したところをお見せできるかもしれない、
と小さな目標を自分でつくっているのです。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 07. 13 (Wed) 23:54

裸電球と傘がイイですね
モノクロのは天井を眺めての視点?
初め高い位置から下を覗き込んでるのかと思って
どうなってるのかと凝視しました
斜めになってる柱、天井の格子
色んな所に四角形が含まれていて面白い図ですね
ラストまで縦や横のラインで構成されてますね
梯子に巻き付く縄とか古い木の傷みなど味わい深く

どれもこのように切り取る美的感覚が素晴らしい

編集 | 返信 |  

新着記事一覧