塚本邦雄
老殘の歌人(うたびと)を訪ひもろともにあはれ屋上の薔薇色の月   (詩歌變)
夏の薔薇くづれをりけり愛するはむしろうすわらひの太郎冠者(たらうくわじや)   ( 〃 )

御杖村の半夏生の群落の残り物で。
1LR6-_E662984-2.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
2LR6-_F667777-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
3LR6-_E662964-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
1LR6-_F667865-1.jpg
M.ZUIKO 75mm F1.8

コメント 2

pithecantroupus  2016, 07. 10 (Sun) 20:42

Re: タイトルなし

carmencさん、いつも励ましていただき、ありがとうございます。
ネムノキにまだ花がきざしていなかったので、枝と葉を意識して撮影しましたが、
わたしの意図がcarmencさんにくみ取っていただき喜びも無上です。
同じネムノキを少し離れたところから入れたラストの写真も、
わたしの考えていたことと同じことを指摘されてちょっと驚いています。

編集 | 返信 |  

carmenc  2016, 07. 10 (Sun) 13:44

スゴく素敵な写真たちです

1枚目は銅版画のようにも見えますし、
3枚目はドラマティック
構図も素晴らしいですね
2枚目が実は好きな布地のようでテキスタイルデザインに見えます

ラストの緑の中で埋もれて寝転んでいたい
そう思わせますね

編集 | 返信 |  

新着記事一覧