Age of Pen

ARTICLE PAGE

しぼる文月

塚本邦雄
罌粟油しぼる文月(ふづき)の男らが神(しん)よわりつつほたるのにほひ   (新月祭)

美杉町奥津がつづくので、
あすなろ鉄道沿線の残り物で気分転換をと思いましたが、
わたしの場合はどこで撮っても同じような写真でした。
1LR6-_N661521-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
2LR6-_N661457-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
3LR6-_F667382-1.jpg
NOKTON 17.5mm F0.95
4LR6-_N661501-1.jpg
NOCTICRON 42.5mm F1.2
5LR6-_N661706-1.jpg
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

2 Comments

pithecantroupus  

Re: タイトルなし

mintさん、ありがとうございます。
はずかしいことに「白梅」が今は有名な懐石料理のお店になっているとは、
mintさんに教えていただくまで知りませんでした。
蔵元はやめても銘酒の名が残ったのですね。
mintさんのブログの写真を拝見すると、
興味関心の方向がわたしと同じと感じて、うれしくなります。
これからもよろしくおねがいします。

2016/07/07 (Thu) 21:36 | EDIT | REPLY |   

mint  

こんばんは。
「白梅」今はあの懐石の店になっているところですか?
こんな味のある看板?が残っているのでしょうか?
いいですね!
蔦がはっている壁も、時が作り出した素敵な色合いのトタンも
見つけたら、私も絶対に撮ってしまう被写体です。
あすなろ鉄道沿線、なかなか面白いですね。
私も行ってみたくなりました。

2016/07/06 (Wed) 23:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い